医療最前線

ファイザーとBioNTech、日本で新型コロナウイルス感染症ワクチンの製造販売を承認申請

2020.12.18 18:01 更新

 ファイザーおよびBioNTechは12月18日、新型コロナウイルス感染症に対するmRNAワクチン候補BNT162b2の製造販売承認を日本の厚生労働省に申請した。両社はすでに一部の非臨床試験、品質および臨床試験に関する資料を提出している。

 同申請に用いられた国際共同第3相試験の臨床データは、The New England Journal of Medicineに掲載されている。同試験では、2回目接種7日後から評価したSARS-CoV-2感染歴のない参加者の集団(1つめの主要評価項目)、SARS-CoV-2感染歴のある参加者と感染歴のない参加者を含む集団(2つめの主要評価項目)の両方において、ワクチンの有効率は95%だった。外部データモニタリング委員会(DMC)から、現時点でワクチンに関連する安全性の懸念は報告されていない。また、有効率は年齢、性別、人種・民族で一貫していた。長期的な予防効果と安全性を評価するために、すべての治験参加者の評価を2回目接種から2年間継続する。国際共同第3相試験全体の約42%、米国の参加者の約30%が人種・民族的に多様な背景を有し、全体の約40%が56~85歳だった。


エーザイ、パーキンソン病患者の生活をサポートするスマホ・アプリ「PaDiCo」を提供開始

2020.11.26 20:36 更新

 エーザイは、パーキンソン病患者様の生活をサポートするスマートフォン・アプリ「PaDiCo(パディコ)」を、日本において、11月26日から提供開始する。同アプリは、アプリ専用ストアである「App Store(iPhone)」や「Google Play(Android)」から誰でも無料でダウンロードできる。

 日本において、パーキンソン病患者様の数は約20万人と推計され、高齢化に伴い、年々増加する傾向にあるという。治療の基本は薬物療法だが、病気の進行に伴い、薬剤の効果が弱まることで、パーキンソン病の症状が現れて体が動かなくなるなどのオフ症状が認められる場合があるとのこと。オフ症状には、ふるえ(振戦)、筋強剛(筋肉がこわばる)などの運動症状と、便秘や頻尿、発汗などの非運動症状があり、多岐にわたるため、その症状を把握することが難しいとされている。これらの症状を早期に把握し、適切な治療を行うことが、病気の進行抑制につながる可能性がある。


アンジェス、先進的なゲノム編集技術を持つ米EmendoBio社を買収、遺伝子治療プログラムと次世代ゲノム編集プラットフォーム技術を有する世界初の企業へ

2020.11.10 19:52 更新

 大阪大学発のバイオ製薬企業であるアンジェスは11月9日、先進的なゲノム編集技術を有する米EmendoBio(エメンドバイオ)社の発行済株式の最大100%を取得し、子会社化することを発表した。買収金額は、2億5000万米ドル(262億5000万円、1ドル=105円)で、買収にかかる対価を主に株式発行によって充当する方法で行う。同日に行われた発表会では、エメンドバイオ社を買収する目的や同社が持つゲノム編集技術の概要、今後期待されるシナジー効果について説明した。

 アンジェスは、創業以来遺伝子治療の開発に携わり、2019年に世界で初めてプラスミドDNAを用いたHGF(肝細胞増殖因子)遺伝子治療薬を製品化することに成功している。現在、遺伝子治療で開発されている主な手法としては、「プラスミド」「ウイルスベクター」「ゲノム編集」の3つがあり、このうちゲノム編集を用いた治療法はまだ製品化されていないという。ゲノム編集は、特定の塩基配列(ターゲット配列)のみを切断するDNA切断酵素(ヌクレアーゼ)を利用して、遺伝子を改変する技術で、世界中でヒトへの適用が待ち望まれている。その中でアンジェスは、ゲノム編集の次世代キープレーヤーとしてエメンドバイオ社に着目。昨年から投資を行い、同社の持分法適用関連会社としていた。


アステラス・アムジェン・バイオファーマ、高コレステロール血症治療の変遷とPCSK9の発見についてセミナーを開催
2015.12.23 23:56 更新
明治、チョコレートに含まれる「カカオプロテイン」による便通改善効果を確認、カカオ豆の加工から製品化まで一貫して行う"Bean to Bar"を展開
2015.12.18 20:55 更新
カルピス、ウイルスの侵入を食い止め唾液力を高める「L-92乳酸菌」を訴求、つるの剛士さんが4週間摂取し"見えないマスク"と呼ばれる「IgA抗体」濃度の増加を証明
2015.12.17 20:33 更新
ノボ ノルディスク ファーマ、持効型溶解インスリンと超速効型インスリンを配合した「ライゾデグ配合注」を発売、シンプルな治療の効果を実現
2015.12.16 18:55 更新
バクスアルタ、血友病保因者に関するメディアセミナーを開催、出産・分娩時の出血リスクに備えて保因者診断を推奨
2015.12.15 10:24 更新
塩野義製薬、ケニア母子支援活動「Mother to Mother SHIONOGI」を開始、総合ビタミン剤「ポポンS」シリーズの売上の一部を支援活動に
2015.12.11 20:31 更新
ファイザー・エーザイ、痛み止め薬の使用実態と患者意識に関する全国調査を基に正しい付き合い方に関するセミナーを開催
2015.12.08 21:31 更新
MSD、週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ」についてメディアセミナー、2型糖尿病患者のさらなるQOL向上に期待
2015.12.02 10:40 更新
佐藤製薬、注射の痛みを緩和する外用局所麻酔薬「エムラクリーム」についてメディアセミナー、痛みの少ない医療の実現に期待
2015.11.16 20:24 更新
日本歯科医師会、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2015」の授賞式を開催、<著名人部門>で土屋太鳳さんと松岡修造さんが受賞
2015.11.10 18:55 更新
日本イーライリリー、骨粗しょう症による"いつのまにか骨折"に関するセミナー開催、女性の健康寿命や見た目への影響について解説
2015.10.26 11:22 更新
サノフィ、持効型溶解インスリンアナログ製剤「ランタスXR 注ソロスター」を発売、血糖管理において効果的なインスリン製剤になることを期待
2015.10.09 19:35 更新
老眼に対する意識がポジティブに変化、"キャリアアイ"に着目した新たな老眼関連商品が続々登場
2015.10.08 21:40 更新
佐藤製薬、アレルギー性接触皮膚炎に関するメディアセミナーを開催、患者のアレルゲンを特定するパッチテストの重要性を訴求
2015.09.25 20:10 更新
くすりの適正使用協議会、高齢者と介護者のための薬の適正使用をテーマにメディア勉強会を開催、薬剤師との連携強化が重要な課題に
2015.09.11 15:26 更新
日本乾癬学会など、乾癬治療における生物学的製剤が与える影響について医師と乾癬患者の両面から解説
2015.09.04 19:49 更新
バクスアルタ、希少疾患のバイオ医薬品リーダーへ、日本市場で2015年度売り上げ約250億円を目指す
2015.09.01 10:26 更新
ヤンセンファーマ、成人期のAD/HD(注意欠陥・多動性障害)について診断と治療および就労意欲や受け入れ企業の現状などを紹介
2015.08.31 19:52 更新
日本イーライリリー、乾癬の病態と最新の治療法についてセミナー開催、患者と医師を対象に実施した意識調査の結果も発表
2015.08.31 13:16 更新
環境省主催「おしえて!『かくれ脱水』委員会」、子ども向け熱中症啓発イベントを開催、元Jリーガーの佐々木竜太氏がサッカーを楽しむための水分補給を紹介
2015.08.10 18:54 更新

このページの先頭へ