医療最前線

お口プラス、TikTokでバズっている稲葉院長が手掛ける「お口プラス東京五反田院」がグランドオープン、「ながら治療」で歯医者のイメージ向上へ

2021.11.22 21:50 更新

 「快適で、居心地が良く、毎日でも通いたい歯医者さん」を目指すお口プラスは、11月1日に「お口プラス東京五反田院」をグランドオープンした。

 TikTok、YouTube上で、歯に興味がなかった人たちにもバズりまくっている稲葉院長(稲葉将太代表理事)がプロデュースする「お口プラス」。今回グランドオープンした「お口プラス東京五反田院」は、時短かつ低価格で快適な歯の掃除、歯の美白、歯肉マッサージなどのメニューを取り揃えている。


塩野義製薬、がん患者の苦痛低減のための医療用麻薬の適正使用を推進、医療用麻薬に「最後の手段だと思う」などの意見に正しい知識の浸透への課題も

2021.11.20 18:33 更新

 塩野義製薬は、約30年前に持続性癌疼痛治療剤としての医療用麻薬を発売して以来、がん患者の苦痛低減のため、行政、学会、医療関係者とともに医療用麻薬の適正使用情報を提供してきた。がんの診断や治療については目覚ましい進展がある一方で、残念ながら未だ痛みなどの苦痛な症状を抱えQOLが満たされていない状態の患者が、3~4割存在する。11月18日には、医療用麻薬に対する印象や理解について、薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」普及運動との関係を麻薬・覚せい剤乱用防止センターの理事を務める湘南医療大学 薬学部長の鈴木勉先生と共同で調査した結果について報告した。また今回のセミナーでは、全国がん患者団体連合会の桜井なおみ理事に、がん患者の立場からがんの痛みや医療用麻薬による疼痛治療の現状と課題について話してもらった他、日本医科大学 准教授の山田岳史先生が、医師の立場からがん治療における医療用麻薬の適正な使用について解説した。

 まず、セミナーを前に、塩野義製薬 ヘルスケア戦略本部の田中裕幸CSR推進部長が挨拶した。「当社は、約30年前に持続性癌疼痛治療剤としての医療用麻薬を発売して以来、がん患者の苦痛低減のため、行政、学会、医療関係者とともに医療用麻薬の適正使用情報を提供してきた」と、同社の医療用麻薬の展開を振り返る。「しかしこの30年において、がんの診断や治療については目覚ましい進展がある一方で、残念ながら未だ痛みなどの苦痛な症状を抱えQOLが満たされていない状態の患者が、3~4割存在する」と、がんの治療における痛みに苦しむ患者は少なくないのだと訴える。「医療用麻薬使用への抵抗感を解消し適切な痛みコントロールを可能とするためには、がん患者はもとより、その周りでがん患者を支える人々も医療用麻薬の正しい知識や認識を持ってもらうことがとても大切だと考えている」と、医療用麻薬への理解を深めることの重要性を説く。「今回、新たに医療用麻薬に対する印象や理解についての一般市民対象のアンケート調査を行った。調査結果を通じて、今後一般の人々が医療用麻薬に関する正しい知識を習得し、自身や家族などの大切な人ががんに罹患した際に、痛みを我慢せず自分らしい生活を送ってもらうための一助となればと考えている」と述べていた。


ノボ ノルディスク ファーマ、1型糖尿病患者でプロサイクリストのマテウシュ ルーディック選手と現役大学生の田仲駿太選手によるトークイベントを開催

2021.11.15 21:04 更新

 ノボ ノルディスク ファーマは、11月14日の「世界糖尿病デー」に先駆け、11月11日に、1型糖尿病を持つポーランドと日本のアスリートによるオンライントークイベントを開催した。同イベントでは1型糖尿病をもつアスリートである、プロサイクリストのマテウシュ ルーディック選手、現役大学生の田仲駿太選手をゲストに迎え、ポーランド・日本を結んでライブ放送を行った。マテウシュ選手は世界初の全員が1型糖尿病患者で構成されたプロサイクリングチーム「チーム ノボ ノルディスク」に所属、田仲選手は鹿屋体育大学自転車競技部に所属している。同イベントでは、ゲストの二人に1型糖尿病発症から克服までの体験談や、糖尿病と闘いながらスポーツを楽しむ心構えなどについて話してもらった。同イベントを通じて、困難を乗り越え夢をあきらめない気持ちや、治療に前向きに向き合う大切さが伝えられた。

 イベントのゲストである2名のサイクリストについて紹介しよう。ポーランド出身のマテウシュ ルーディック選手は、1型糖尿病を12歳で発症。ポーランド代表として東京オリンピック2020大会に出場した。また、2021年トラック競技ポーランド全国選手権で3タイトルを獲得した。鹿屋体育大学 自転車競技部 4年生の田仲駿太選手は、1型糖尿病を8歳で発症。国民体育大会(愛媛)ではチームスプリント4位、ケイリン優勝の成績を残した。


日本心臓財団とエドワーズライフサイエンス、和歌山県の食材を使った"心臓にやさしい"「ハートレシピ」を発表
2016.11.07 20:24 更新
GEヘルスケア、「第15回ヘルシーマジネーション・カレッジ」を開催、東京慈恵会医大の大木隆生先生が血管外科治療の最前線と外科医療再生の取り組みについて講演
2016.10.28 12:17 更新
ギャバ・ストレス研究センター、GABA配合の機能性表示食品に関するマスコミセミナーを開催、中国と米国の市場トレンドも紹介
2016.10.21 11:17 更新
年1回投与の骨粗しょう症治療薬「ゾレドロン酸水和物」がもたらすメリットとは? 沖本クリニック院長の沖本信和先生に聞く
2016.10.21 11:12 更新
旭化成ファーマ、年1回投与のビスホスホネート製剤「リクラスト点滴静注液 5mg」が製造販売承認を取得、骨粗しょう症治療に新たな選択肢
2016.10.19 17:47 更新
ヤンセン、 「アジアパシフィック・メンタルヘルス統合指標報告書」を発表、各国地域におけるメンタルヘルスの取り組みを比較・評価
2016.10.18 21:35 更新
総合メディカルグループ、健康サポート薬局の取り組みの一環で「認知症」対応を強化
2016.10.12 19:20 更新
武田薬品工業とテバ社、合弁会社の武田テバファーマが本格始動、オフ・パテント・ドラッグ市場でトップベンダー目指す
2016.10.11 16:23 更新
日本歯科矯正専門医学会、早期矯正治療を行わないことを強く推奨する歯科矯正初のガイドラインがMindsで掲載
2016.09.23 20:14 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、治療継続による二次骨折の予防が重要に
2016.08.30 13:59 更新
女性のがん死亡率トップの大腸がん、早期発見・早期治療であれば95%以上治癒するといわれるが、大腸がん検診は37.9%にとどまる
2016.08.29 21:55 更新
女性の3人に1人が悩む目尻のしわ、手頃な価格で治療できるようになったことでボトックス注射へのハードルが低下
2016.08.10 22:53 更新
医薬品医療機器法の規制対象となったカラーコンタクトレンズ、使用者も増加し手軽な製品や度入りレンズも登場
2016.08.10 20:41 更新
第一興商、長野県松本市の「退職後男性の生きがいづくり」事業として「スポーツボイス大学院」を実施、高齢者男性の介護予防・健康増進を支援
2016.08.10 10:46 更新
日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新
サノフィ、糖尿病患者と医療従事者との間でインスリン治療に対する認識にギャップがあることを発表
2016.08.03 21:16 更新
「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」を開催、各界から大使・スペシャルサポーターが集結、小室哲哉さん制作のテーマソングも初披露
2016.07.29 22:12 更新
予備軍を含めると5人に1人が糖尿病に、日本糖尿病学会が「糖尿病診療ガイドライン2016」で新見解を発表
2016.07.21 20:48 更新
フェリング・ファーマと協和発酵キリン、夜尿症診療ガイドラインの改訂を受けセミナーを開催、適切な治療で完治できることを啓発
2016.07.20 22:38 更新

このページの先頭へ