医療最前線

お口プラス、TikTokでバズっている稲葉院長が手掛ける「お口プラス東京五反田院」がグランドオープン、「ながら治療」で歯医者のイメージ向上へ

2021.11.22 21:50 更新

 「快適で、居心地が良く、毎日でも通いたい歯医者さん」を目指すお口プラスは、11月1日に「お口プラス東京五反田院」をグランドオープンした。

 TikTok、YouTube上で、歯に興味がなかった人たちにもバズりまくっている稲葉院長(稲葉将太代表理事)がプロデュースする「お口プラス」。今回グランドオープンした「お口プラス東京五反田院」は、時短かつ低価格で快適な歯の掃除、歯の美白、歯肉マッサージなどのメニューを取り揃えている。


塩野義製薬、がん患者の苦痛低減のための医療用麻薬の適正使用を推進、医療用麻薬に「最後の手段だと思う」などの意見に正しい知識の浸透への課題も

2021.11.20 18:33 更新

 塩野義製薬は、約30年前に持続性癌疼痛治療剤としての医療用麻薬を発売して以来、がん患者の苦痛低減のため、行政、学会、医療関係者とともに医療用麻薬の適正使用情報を提供してきた。がんの診断や治療については目覚ましい進展がある一方で、残念ながら未だ痛みなどの苦痛な症状を抱えQOLが満たされていない状態の患者が、3~4割存在する。11月18日には、医療用麻薬に対する印象や理解について、薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」普及運動との関係を麻薬・覚せい剤乱用防止センターの理事を務める湘南医療大学 薬学部長の鈴木勉先生と共同で調査した結果について報告した。また今回のセミナーでは、全国がん患者団体連合会の桜井なおみ理事に、がん患者の立場からがんの痛みや医療用麻薬による疼痛治療の現状と課題について話してもらった他、日本医科大学 准教授の山田岳史先生が、医師の立場からがん治療における医療用麻薬の適正な使用について解説した。

 まず、セミナーを前に、塩野義製薬 ヘルスケア戦略本部の田中裕幸CSR推進部長が挨拶した。「当社は、約30年前に持続性癌疼痛治療剤としての医療用麻薬を発売して以来、がん患者の苦痛低減のため、行政、学会、医療関係者とともに医療用麻薬の適正使用情報を提供してきた」と、同社の医療用麻薬の展開を振り返る。「しかしこの30年において、がんの診断や治療については目覚ましい進展がある一方で、残念ながら未だ痛みなどの苦痛な症状を抱えQOLが満たされていない状態の患者が、3~4割存在する」と、がんの治療における痛みに苦しむ患者は少なくないのだと訴える。「医療用麻薬使用への抵抗感を解消し適切な痛みコントロールを可能とするためには、がん患者はもとより、その周りでがん患者を支える人々も医療用麻薬の正しい知識や認識を持ってもらうことがとても大切だと考えている」と、医療用麻薬への理解を深めることの重要性を説く。「今回、新たに医療用麻薬に対する印象や理解についての一般市民対象のアンケート調査を行った。調査結果を通じて、今後一般の人々が医療用麻薬に関する正しい知識を習得し、自身や家族などの大切な人ががんに罹患した際に、痛みを我慢せず自分らしい生活を送ってもらうための一助となればと考えている」と述べていた。


ノボ ノルディスク ファーマ、1型糖尿病患者でプロサイクリストのマテウシュ ルーディック選手と現役大学生の田仲駿太選手によるトークイベントを開催

2021.11.15 21:04 更新

 ノボ ノルディスク ファーマは、11月14日の「世界糖尿病デー」に先駆け、11月11日に、1型糖尿病を持つポーランドと日本のアスリートによるオンライントークイベントを開催した。同イベントでは1型糖尿病をもつアスリートである、プロサイクリストのマテウシュ ルーディック選手、現役大学生の田仲駿太選手をゲストに迎え、ポーランド・日本を結んでライブ放送を行った。マテウシュ選手は世界初の全員が1型糖尿病患者で構成されたプロサイクリングチーム「チーム ノボ ノルディスク」に所属、田仲選手は鹿屋体育大学自転車競技部に所属している。同イベントでは、ゲストの二人に1型糖尿病発症から克服までの体験談や、糖尿病と闘いながらスポーツを楽しむ心構えなどについて話してもらった。同イベントを通じて、困難を乗り越え夢をあきらめない気持ちや、治療に前向きに向き合う大切さが伝えられた。

 イベントのゲストである2名のサイクリストについて紹介しよう。ポーランド出身のマテウシュ ルーディック選手は、1型糖尿病を12歳で発症。ポーランド代表として東京オリンピック2020大会に出場した。また、2021年トラック競技ポーランド全国選手権で3タイトルを獲得した。鹿屋体育大学 自転車競技部 4年生の田仲駿太選手は、1型糖尿病を8歳で発症。国民体育大会(愛媛)ではチームスプリント4位、ケイリン優勝の成績を残した。


マインドファースト時代に注目されるアロエのポジティブパワー、アロエ入りヨーグルトを食べることで心の充足度が高まりストレス解消に役立つことが明らかに
2018.06.18 17:55 更新
ヤンセンファーマ、日常生活に多大な支障をきたす乾癬の負のサイクルを紹介、生物学的製剤という治療選択や新たな薬剤の登場について解説
2018.05.28 20:48 更新
医師と団塊シニアの会、汗による皮膚トラブルをテーマにした勉強会を開催、皮膚科医の武藤美香先生が「あせも」と「汗かぶれ」の違いや対処法について解説
2018.05.24 16:30 更新
"有害化学物質の経皮吸収"がもたらす婦人病リスクとは? 産婦人科医の池川明先生がシャンプーなど日用品からの経皮吸収に警鐘
2018.05.14 16:28 更新
Healthy Children,Healthy lives、たんぱく質摂取の重要性とグリークヨーグルトの最新情報を解説、グリークヨーグルトの摂取でやせすぎ体型への歯止めや朝食の欠食防止などへの期待も
2018.04.16 20:28 更新
「ダヴィンチ」を用いたロボット手術の実際とメリットを探る、前立腺がんの全摘術における患者の負担を大幅軽減
2018.04.10 10:26 更新
転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の有用性とは、患者の治療負荷を軽減しQOLの改善も
2018.03.30 12:00 更新
日本分析機器工業会と日本臨床検査薬協会、スポーツ全般の世界のアンチ・ドーピング事情やドーピング検査の概要についてセミナーを開催
2018.03.16 17:30 更新
日本産科婦人科学会とリクルートマーケティングパートナーズ、アプリ版「Baby+」を開発、「妊娠出産に関する情報の意識調査」の結果から情報過多や情報の質に関する課題を指摘
2018.02.13 19:43 更新
マイクロブラッドサイエンス、ブロックチェーンを用いた次世代ヘルスケアプラットフォームを開発、微量血液検査システム「Lifee」の検査データを幅広く活用
2018.01.30 21:35 更新
受験勉強の追い込み時期に注目されるアロエの脳活性化&免疫調整力、集中力アップと風邪予防のタブルのチカラで受験生を応援
2018.01.22 19:29 更新
最強クラスの寒波到来で冷え込む日本列島、「温度落差」による急激な体の冷えに要注意、フリースなどを活用して常に暖かい服装を
2018.01.11 16:54 更新
冬の浴室でのヒートショック症状に要注意、お風呂の前後に飲むミネラル入り麦茶がヒートショックの予防策に
2017.12.14 17:06 更新
佐藤製薬、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを開催、外用局所麻酔薬の使用で小児患者の注射の痛みを予防
2017.12.08 15:07 更新
MeijiSeikaファルマ、「アレルギー性鼻炎」に関するメディアセミナーを開催、花粉症治療の副作用が及ぼす日常生活への影響について解説
2017.12.06 20:29 更新
日本乾癬患者連合会など、「世界乾癬デー」(10月29日)に向けたメディアイベントを開催、乾癬を告白した道端アンジェリカさんが患者への理解を訴える
2017.10.27 13:00 更新
ファイザー、禁煙外来に関するプレスセミナーを開催、喫煙による健康被害のリスクや完全禁煙の重要性、動機づけ面接を用いた禁煙治療について紹介
2017.10.13 18:00 更新
ノーベルファーマ、亜鉛不足による味覚異常や食欲不振からおこる負の連鎖について解説
2017.10.10 10:26 更新
ダスキン、秋に増えるダニアレルゲンなどを含むハウスダストによるアレルギー症状を抑えるための有効な掃除方法について紹介
2017.07.28 20:43 更新
旭化成ファーマ、指が伸ばせなくなる手疾患「デュピュイトラン拘縮」に関するメディアフォーラムを開催、患者への負担が少ない注射療法の実際について説明
2017.07.28 20:20 更新

このページの先頭へ