医療最前線

高齢者向け食品市場の拡大と共に進化する介護食、家庭で無理なくおいしく健康に食べ続ける介護食のポイントとは

2022.04.28 20:12 更新

 近年、高齢者向け食品市場が急拡大している。富士経済の「高齢者向け食品市場の将来展望 2019」によると、2025年は2018年と比較して、全体で25.5%増の2046億円、中でも在宅向けやわらか食の市場は80.7%増と大幅に拡大し、75億円となる見込み。一方で、キユーピーが2018年に行った「介護食に関する調査」では、全体の25.5%の人が日常の支援・介護の中で困っている動作として「食事」に関すること(「食事の準備」「食品の買い物」「食事の介助」「食事の片づけ」等)を挙げている。食事は日々の楽しみであり、QOL(生活の質)向上には欠かせないが、一生毎日続いていくため、介護をする側の負担軽減が社会課題となっている。そこで今回、日本歯科大学 口腔リハビリテーション 多摩クリニック 院長の菊谷武先生に、家庭で無理なく、おいしく健康に食べ続ける介護食のポイントについて聞いた。

 高齢者向け食品市場の拡大にともない、施設向け食品では、慢性的な人手不足を背景に調理の簡略化需要が高まっており、近年は人件費などの総合的なコストを考慮し、加工度が高く提供しやすい、また、栄養価値が高いなどの高単価・高付加価値商品の採用が進んでいる。在宅向け食品では、店頭における配荷が拡大することで流動食、やわらか食、栄養補給食が急伸するとみられている。


ファイザー、子どもの日に向けて健やかな子どもの"成長"と低身長症の早期発見・治療を目指したセミナーを開催

2022.04.22 19:36 更新

 ファイザーは、5月5日の子どもの日を前に、健やかな子どもの“成長”と、低身長症の早期発見・治療を目指したセミナー「知っておきたい十人十色の子どもの低身長~身長を伸ばす生活習慣から成長障害の最新治療まで~」を、4月19日にオンラインで開催した。セミナーでは、低身長を中心とした小児内分泌疾患を専門とする希望の森 成長発達クリニック院長の望月貴博先生から、身長の伸びるメカニズムについて最新の知見を交え、低身長症の早期発見のヒントを話してもらった他、たなか成長クリニック副院長の曽根田瞬先生には、低身長症の中でも最も患者数の多い成長ホルモン分泌不全性低身長症に焦点を当て、患者における課題を交えながら、治療の現状と展望について話してもらった。

 子どもの成長に関する話題はさまざまなものがあり、古今東西を問わず、世の中の大きな関心事のひとつとなっている。その中で、子どもの低身長の原因の1つである成長障害や内分泌疾患は早期発見・早期治療が重要だが、発見が遅れて適切な治療のタイミングを逃すことも少なくない。一方で、低身長症の治療は日夜進化しており、子どもの患者とその家族の治療の負担軽減と、それにともなう治療を続けやすい環境が整いつつあるという。


J&J、遠近両用コンタクトレンズ「アキュビュー オアシス マルチフォーカル」を一部店舗で発売

2022.04.15 19:41 更新

 健やかでクリアな視界で、人々のクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上に貢献するコンタクトレンズブランド「アキュビュー」を提供するジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーは、遠くの文字から手元までクリアな視界の実現を追求し、瞳孔の大きさに配慮した171パターンのレンズ設計を用意した2週間使い捨て遠近両用コンタクトレンズ「アキュビュー オアシス マルチフォーカル」の6枚入りパッケージを4月14日から、全国の一部店舗で発売した。

 40~64歳のコンタクトレンズユーザーの約8割が老眼の症状を自覚する一方、遠近両用コンタクトレンズの使用者は約3割にとどまっている(ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ(2021年))。また、35~55歳の使い捨てコンタクトレンズ装用者を対象にした調査では、遠近両用コンタクトレンズの認知率は約5割という結果になっており、遠近両用コンタクトレンズを知らないという理由から単焦点コンタクトレンズの使用を継続し、見え方の不満等によってコンタクトレンズ装用を中断する人もいる(ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ(2013、2021年))。


日本フアイア研究会、キノコ由来の生薬「フアイア(顆粒)」に肝臓がんの延命率で有効性があることを確認
2019.11.12 20:10 更新
FWD富士生命、「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」を開催、タレントの矢方美紀さんが乳がん治療中の見た目や容姿に関する悩みについて語る
2019.10.23 13:15 更新
グラクソ・スミスクライン、COPD領域におけるデータ・ICT利活用に関するメディアセミナーを開催、地域医療連携とオンライン診療を活用した疾患管理の取り組みについて紹介
2019.10.03 15:54 更新
乳がん検診の大切さを伝え患者を支えていく「ピンクリボンフェスティバル2019」、元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんをゲストに迎え「ピンクリボンオープンセミナー」を開催
2019.09.17 17:39 更新
アンジェスと田辺三菱製薬、世界初のHGF遺伝子治療用製品「コラテジェン」を発売、外科的治療が難しい重症虚血肢の新たな治療選択肢に
2019.09.11 10:21 更新
大阪大学発のバイオベンチャー「アンジェス」のHGF遺伝子治療薬、薬価収載を受けさらなる適応拡大に期待
2019.08.28 18:09 更新
チャーム・ケア・コーポレーション、認知症改善プログラムの一環として第一回「チャーム・カレッジ」を開催、健康で自立して生活するための秘訣について講義
2019.08.22 18:41 更新
日本イーライリリー、肝細胞がん治療における「サイラムザ」の位置づけについてセミナーを開催、点滴製剤の「サイラムザ」は用量強度を保ちながら治療することが期待可能
2019.08.06 19:23 更新
アデランス、医療用ウィッグブランド「ラフラ」からオーダーメイド・ウィッグ「ラフラ・アイフィット クレア」を発売
2019.06.19 17:19 更新
アデランス、医療用ウィッグブランド「ラフラ」から男性用レディメイド・ウィッグ(既製品)の新スタイルを発売
2019.06.18 19:03 更新
日本赤十字社、献血つながりプロジェクト「みんなの献血」を発足、乃木坂46が年間を通じてイベントや絵本・学校での献血プロモーションを実施
2019.06.11 18:31 更新
サノフィ、「血友病治療」をテーマにしたメディアラウンドテーブルを開催、血液凝固因子製剤の定期補充療法で患者のQOLは大きく向上、世界的には医療格差が深刻な課題に
2019.06.04 16:38 更新
ブレス・ハザードプロジェクト、「口臭白書2019」において中高年男性よりも若年女性の方が口臭が強いことが明らかに、歯科医・歯科衛生士のプロケアの定期受診で病的口臭を予防
2019.05.31 19:21 更新
日本看護協会、第9回「忘れられない看護エピソード」朗読会を日本大学病院で開催、「看護の日」PR大使の須藤理彩さんが最優秀作品を心を込めて朗読
2019.05.16 19:40 更新
医療法人桜丘会、「脳神経外科ブレインピアひたちなか」の開院に先がけオープニングセレモニーを開催、茨城県における脳卒中予防の拠点病院に
2019.05.01 13:50 更新
ジェネシスヘルスケア、個人遺伝情報を共有するための新サービス「GenesisGaia」を開始、「アンチエイジング全ゲノム解析」臨床研究プロジェクトについて日本抗加齢医学会と提携
2019.04.25 19:59 更新
佐藤製薬とエーザイ、爪水虫に関するメディアセミナーを開催、白癬菌の感染拡大・再発を防ぐために経口薬による完全治癒を
2019.04.22 20:27 更新
文京学院大学、"肩こり"と"首こり"のメカニズムを筋肉の動きから解明、首こりは伸展系と回旋系に分けたセルフケアが有効
2019.03.20 18:16 更新
「知って、肝炎プロジェクト」特別参与の杉良太郎さんが日本医師会の横倉義武会長を表敬訪問、医師から来院者へ肝炎ウイルス検査の受検の働きかけを
2019.03.05 18:05 更新
米国KCI社とAcelity社、腹部開放創用ドレッシングキット「ABTHERAドレッシングキット」を日本で販売開始、デメトリオス・デメトリアデス先生に製品の特長や治療メリットを聞く
2019.02.25 19:18 更新

このページの先頭へ