医療最前線

高齢者向け食品市場の拡大と共に進化する介護食、家庭で無理なくおいしく健康に食べ続ける介護食のポイントとは

2022.04.28 20:12 更新

 近年、高齢者向け食品市場が急拡大している。富士経済の「高齢者向け食品市場の将来展望 2019」によると、2025年は2018年と比較して、全体で25.5%増の2046億円、中でも在宅向けやわらか食の市場は80.7%増と大幅に拡大し、75億円となる見込み。一方で、キユーピーが2018年に行った「介護食に関する調査」では、全体の25.5%の人が日常の支援・介護の中で困っている動作として「食事」に関すること(「食事の準備」「食品の買い物」「食事の介助」「食事の片づけ」等)を挙げている。食事は日々の楽しみであり、QOL(生活の質)向上には欠かせないが、一生毎日続いていくため、介護をする側の負担軽減が社会課題となっている。そこで今回、日本歯科大学 口腔リハビリテーション 多摩クリニック 院長の菊谷武先生に、家庭で無理なく、おいしく健康に食べ続ける介護食のポイントについて聞いた。

 高齢者向け食品市場の拡大にともない、施設向け食品では、慢性的な人手不足を背景に調理の簡略化需要が高まっており、近年は人件費などの総合的なコストを考慮し、加工度が高く提供しやすい、また、栄養価値が高いなどの高単価・高付加価値商品の採用が進んでいる。在宅向け食品では、店頭における配荷が拡大することで流動食、やわらか食、栄養補給食が急伸するとみられている。


ファイザー、子どもの日に向けて健やかな子どもの"成長"と低身長症の早期発見・治療を目指したセミナーを開催

2022.04.22 19:36 更新

 ファイザーは、5月5日の子どもの日を前に、健やかな子どもの“成長”と、低身長症の早期発見・治療を目指したセミナー「知っておきたい十人十色の子どもの低身長~身長を伸ばす生活習慣から成長障害の最新治療まで~」を、4月19日にオンラインで開催した。セミナーでは、低身長を中心とした小児内分泌疾患を専門とする希望の森 成長発達クリニック院長の望月貴博先生から、身長の伸びるメカニズムについて最新の知見を交え、低身長症の早期発見のヒントを話してもらった他、たなか成長クリニック副院長の曽根田瞬先生には、低身長症の中でも最も患者数の多い成長ホルモン分泌不全性低身長症に焦点を当て、患者における課題を交えながら、治療の現状と展望について話してもらった。

 子どもの成長に関する話題はさまざまなものがあり、古今東西を問わず、世の中の大きな関心事のひとつとなっている。その中で、子どもの低身長の原因の1つである成長障害や内分泌疾患は早期発見・早期治療が重要だが、発見が遅れて適切な治療のタイミングを逃すことも少なくない。一方で、低身長症の治療は日夜進化しており、子どもの患者とその家族の治療の負担軽減と、それにともなう治療を続けやすい環境が整いつつあるという。


J&J、遠近両用コンタクトレンズ「アキュビュー オアシス マルチフォーカル」を一部店舗で発売

2022.04.15 19:41 更新

 健やかでクリアな視界で、人々のクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上に貢献するコンタクトレンズブランド「アキュビュー」を提供するジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーは、遠くの文字から手元までクリアな視界の実現を追求し、瞳孔の大きさに配慮した171パターンのレンズ設計を用意した2週間使い捨て遠近両用コンタクトレンズ「アキュビュー オアシス マルチフォーカル」の6枚入りパッケージを4月14日から、全国の一部店舗で発売した。

 40~64歳のコンタクトレンズユーザーの約8割が老眼の症状を自覚する一方、遠近両用コンタクトレンズの使用者は約3割にとどまっている(ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ(2021年))。また、35~55歳の使い捨てコンタクトレンズ装用者を対象にした調査では、遠近両用コンタクトレンズの認知率は約5割という結果になっており、遠近両用コンタクトレンズを知らないという理由から単焦点コンタクトレンズの使用を継続し、見え方の不満等によってコンタクトレンズ装用を中断する人もいる(ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ(2013、2021年))。


田辺三菱製薬、視神経脊髄炎スペクトラム障害治療に関するメディアセミナーを開催、再発予防の新たな治療薬として「イネビリズマブ」に期待
2021.11.12 20:40 更新
遺伝性血管性浮腫診断コンソーシアム、日本IBM/インテグリティ・ヘルスケア/メドピア/サドラー・ジャパンの4社が新たに会員として参画
2021.11.11 16:37 更新
さまざまな不調を抱える人が増えたコロナ禍にオンライン漢方の人気が上昇中、AI導入で最先端をいく「あんしん漢方」とは?
2021.10.12 12:00 更新
FWD富士生命、乳がん月間にあわせてオンライントークセッションを開催、元SKE48の矢方美紀さんがコロナ禍のアピアランスサポートについて語る
2021.10.08 13:25 更新
肌老化対策につながる肌疲労の解消法とは、活性酸素の除去と傷ついた細胞の修復の観点から皮膚科学や再生医療の専門家が解説
2021.07.29 12:45 更新
島津製作所、新型コロナウイルス感染症変異株(L452R、E484K)検出試薬キットを発売、デルタ株など変異株スクリーニングのPCR検査に貢献
2021.07.21 13:06 更新
大正製薬、毛髪アンチエイジングに作用する新たな成分の組み合わせをネイチャーラボとの協業で発見、MITOLの発現を高めるボタンピエキスが白髪や薄毛に有用な可能性を見出す
2021.07.16 20:23 更新
大正製薬、ゼリー飲料「リポビタンゼリー 長期保存用」をオンラインショップで発売
2021.07.16 11:55 更新
中外製薬、指定難病・視神経脊髄炎スペクトラム障害を啓発するショートフィルム「あの子を連れて旅に出たら、わからないことをわかりたくなった話」を制作
2021.07.06 19:59 更新
気づいて!涙液トラブル啓発委員会、コロナ禍に伴う新しい生活様式の浸透から眼とデジタルデバイスとの新しい付き合い方を考える上で「涙」が重要な役割を果たす点を発信
2021.06.30 20:45 更新
佐藤製薬、爪の健康に関するメディアセミナーを開催、爪の色と形の変化から体の異変を察知、QOLを低下させる「爪白癬」は早期発見・早期治療が重要に
2021.06.02 20:49 更新
お酢でおいしさと健康を考える会、「コロナ禍の"巣ごもり肥満"と疲れ お酢でリセット」セミナーを開催、肥満や疲れの解消法を専門家が解説
2021.05.27 12:24 更新
日本抗加齢医学会、「Science and Creation:何でものみこむアンチエイジング-京都から世界へ-」をテーマに第21回日本抗加齢医学会総会を開催
2021.05.26 18:15 更新
ファンペップ、抗体誘導ペプチドに関するメディア説明会を開催、抗体誘導技術を用いた治療ワクチンの開発と出口戦略について解説
2021.05.21 19:48 更新
遺伝性血管性浮腫診断コンソーシアムが5月16日から本格稼働、遺伝性血管性浮腫(HAE)と診断されずに症状に苦しむ患者を救うために早期診断および診断率の向上を目指す
2021.05.20 18:48 更新
食から認知機能について考える会、日本認知症予防学会と共催でメディアセミナーを開催、認知機能に対する「食」の影響やコロナ禍における認知症予防の課題などを説明
2021.05.10 21:38 更新
日本メドトロニック、パーキンソン病の外科的治療「脳深部刺激療法『DBS』」の理解向上を目指しセミナーを開催、「DBS」は患者のQOLの改善が期待される治療法も認知向上が課題に
2021.04.12 17:09 更新
バリアン メディカル システムズ、脳腫瘍に関する放射線治療の実態と現状および最新治療法についてプレスセミナー、新しい定位照射システムの特徴や導入効果を紹介
2021.03.26 20:13 更新
明治安田生命と明治安田総合研究所、国立循環器病研究センターと包括連携協定および共同研究事業契約を締結、「循環器疾患の予防・治療」「人々が安心して暮らせる支援」で相互協力
2021.03.25 19:21 更新
バリアン メディカル システムズ、最新の適応放射線治療ソリューション「ETHOS」が薬事承認を取得、患者一人ひとりの個別化医療を推進
2021.03.23 18:40 更新

このページの先頭へ