医療最前線

高齢者向け食品市場の拡大と共に進化する介護食、家庭で無理なくおいしく健康に食べ続ける介護食のポイントとは

2022.04.28 20:12 更新

 近年、高齢者向け食品市場が急拡大している。富士経済の「高齢者向け食品市場の将来展望 2019」によると、2025年は2018年と比較して、全体で25.5%増の2046億円、中でも在宅向けやわらか食の市場は80.7%増と大幅に拡大し、75億円となる見込み。一方で、キユーピーが2018年に行った「介護食に関する調査」では、全体の25.5%の人が日常の支援・介護の中で困っている動作として「食事」に関すること(「食事の準備」「食品の買い物」「食事の介助」「食事の片づけ」等)を挙げている。食事は日々の楽しみであり、QOL(生活の質)向上には欠かせないが、一生毎日続いていくため、介護をする側の負担軽減が社会課題となっている。そこで今回、日本歯科大学 口腔リハビリテーション 多摩クリニック 院長の菊谷武先生に、家庭で無理なく、おいしく健康に食べ続ける介護食のポイントについて聞いた。

 高齢者向け食品市場の拡大にともない、施設向け食品では、慢性的な人手不足を背景に調理の簡略化需要が高まっており、近年は人件費などの総合的なコストを考慮し、加工度が高く提供しやすい、また、栄養価値が高いなどの高単価・高付加価値商品の採用が進んでいる。在宅向け食品では、店頭における配荷が拡大することで流動食、やわらか食、栄養補給食が急伸するとみられている。


ファイザー、子どもの日に向けて健やかな子どもの"成長"と低身長症の早期発見・治療を目指したセミナーを開催

2022.04.22 19:36 更新

 ファイザーは、5月5日の子どもの日を前に、健やかな子どもの“成長”と、低身長症の早期発見・治療を目指したセミナー「知っておきたい十人十色の子どもの低身長~身長を伸ばす生活習慣から成長障害の最新治療まで~」を、4月19日にオンラインで開催した。セミナーでは、低身長を中心とした小児内分泌疾患を専門とする希望の森 成長発達クリニック院長の望月貴博先生から、身長の伸びるメカニズムについて最新の知見を交え、低身長症の早期発見のヒントを話してもらった他、たなか成長クリニック副院長の曽根田瞬先生には、低身長症の中でも最も患者数の多い成長ホルモン分泌不全性低身長症に焦点を当て、患者における課題を交えながら、治療の現状と展望について話してもらった。

 子どもの成長に関する話題はさまざまなものがあり、古今東西を問わず、世の中の大きな関心事のひとつとなっている。その中で、子どもの低身長の原因の1つである成長障害や内分泌疾患は早期発見・早期治療が重要だが、発見が遅れて適切な治療のタイミングを逃すことも少なくない。一方で、低身長症の治療は日夜進化しており、子どもの患者とその家族の治療の負担軽減と、それにともなう治療を続けやすい環境が整いつつあるという。


J&J、遠近両用コンタクトレンズ「アキュビュー オアシス マルチフォーカル」を一部店舗で発売

2022.04.15 19:41 更新

 健やかでクリアな視界で、人々のクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上に貢献するコンタクトレンズブランド「アキュビュー」を提供するジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーは、遠くの文字から手元までクリアな視界の実現を追求し、瞳孔の大きさに配慮した171パターンのレンズ設計を用意した2週間使い捨て遠近両用コンタクトレンズ「アキュビュー オアシス マルチフォーカル」の6枚入りパッケージを4月14日から、全国の一部店舗で発売した。

 40~64歳のコンタクトレンズユーザーの約8割が老眼の症状を自覚する一方、遠近両用コンタクトレンズの使用者は約3割にとどまっている(ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ(2021年))。また、35~55歳の使い捨てコンタクトレンズ装用者を対象にした調査では、遠近両用コンタクトレンズの認知率は約5割という結果になっており、遠近両用コンタクトレンズを知らないという理由から単焦点コンタクトレンズの使用を継続し、見え方の不満等によってコンタクトレンズ装用を中断する人もいる(ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ(2013、2021年))。


就労に大きな影響を与える「大人のADHD」とは? 昭和大学医学部 精神医学教室 教授の岩波明先生に聞く
2016.07.05 10:00 更新
日本気象協会、「熱中症ゼロへ」サマーフェスティバル2016を開催、ハローキティやゆるキャラがセミナーやダンスを通じて熱中症予防をアピール
2016.06.20 21:11 更新
新刊「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのはやめなさい」の出版記念イベントを開催、著者の新井圭輔先生が糖質制限による治療効果を解説
2016.06.14 11:11 更新
J&Jビジョンケア、紫外線を多く浴びているほど老眼を自覚するタイミングが早まる傾向に
2016.06.10 20:55 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「禁煙週間」を前に街頭キャンペーンを実施、石田純一さんと東尾理子さん夫妻が肺年齢を測定
2016.05.31 10:23 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「世界禁煙デー」に合わせてメディアセミナーを開催、受動喫煙防止対策の重要性について啓蒙
2016.05.30 21:35 更新
日本口内フローラ研究会、「口内フローラから考える子どもの虫歯予防フォーラム」を開催、虫歯を予防する新成分「BLIS-M18」について解説
2016.05.16 22:30 更新
2016年「熱中症ゼロヘ」プロジェクトが本格始動、熱中症ゼロ大使の蝶野正洋さんと福原遥さんが熱中症予防の重要性を訴求
2016.05.13 17:20 更新
ボストン・サイエンティフィック、完全皮下植込み型除細動器(S-ICD)システム「EMBLEM」を発売、低侵襲の不整脈治療を実現
2016.04.28 20:24 更新
フランスベッド、転倒事故を未然に防ぐ前にも後ろにも転ばない新機能車いす「転ばなイス」を発売
2016.04.26 19:34 更新
塩野義製薬と日本イーライリリー、慢性腰痛症に伴う疼痛に関する痛みのメカニズムと治療薬の適正使用を紹介、新たな治療薬の選択肢「サインバルタ」とは
2016.04.26 19:10 更新
サノフィ、風邪と見分けがつかない危険な感染症「髄膜炎菌感染症」の予防と診療について紹介、進行が速く24時間以内で重症化し死に至る場合も
2016.04.26 18:41 更新
オムロン ヘルスケア、手首による一拍ごとの血圧測定技術を開発、AMEDの未来医療事業プロジェクトとして自治医科大学・九州大学と共同研究をスタート
2016.04.21 21:22 更新
GEヘルスケア・ジャパン、小児に優しい画像診断のあり方や小児のMRI検査の症例および騒音の少ないMRI技術の有用性について解説
2016.03.30 20:55 更新
アステラス製薬、糖尿病治療薬スーグラに関する高齢者患者を対象とした大規模調査の中間報告を発表、SGLT2阻害薬の安全性と有効性について解説
2016.03.07 22:33 更新
バイエル薬品、婦人科疾患・ヘルスケアに関する認知実態調査を受けてセミナーを開催、月経困難症と診断された人の婦人科受診率は5割程度
2016.03.07 21:14 更新
サノフィ、ポリオ感染症に対する未だに残る日本のワクチンギャップの解消と不活化ポリオワクチンの2回目の追加接種の意義について解説
2016.03.07 20:35 更新
アステラス・アムジェン・バイオファーマ、PCSK9阻害薬「レパーサ」が承認取得、脂質異常症治療の現状や家族性高コレステロール血症について解説
2016.02.17 20:41 更新
アッヴィ合同会社、C型肝炎インターフェロンフリー治療薬の費用対効果についてHTA試行導入前に考える
2016.02.17 10:28 更新
J&Jビジョンケア、遠近両用コンタクト「ワンデー アキュビュー モイスト マルチフォーカル」を発売、老眼ではなくキャリアアイという考え方を提唱
2016.02.08 19:00 更新

このページの先頭へ