医療最前線

佐藤製薬、水虫に関するメディアセミナーを開催、爪水虫はアスリートのパフォーマンス低下の原因に、転倒リスクなど健康寿命にも影響

2022.05.27 21:34 更新

 佐藤製薬は、「水虫になりやすい人の特徴と注意点」をテーマに、水虫に関するメディアセミナーを5月27日に開催した。今回のセミナーでは、東京女子医科大学・名誉教授の川島眞先生、埼玉医科大学皮膚科・教授の常深祐一郎先生、順天堂大学医学部皮膚科・講師の木村有太子先生を招き、スポーツ・運動での水虫にかかるリスクや、爪水虫がアスリートに及ぼす影響、爪水虫の健康へのリスクや治療法について説明した。

 まず、水虫とはどのような病気なのか、常深先生がリモートで解説した。「水虫は、英語では『アスリート・フット』とも呼ばれ、運動をして汗をかく習慣のあるスポーツ選手にとって、感染しやすい皮膚疾患の一つ。白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が皮膚に増殖して起こる足の感染症で、指と指の皮がむける、水疱ができる、かかとがカサカサする、爪が変色するといった症状がみられる。白癬菌は、足から皮膚、爪、毛などに感染し、感染した部位によって異なる病名が付けられている」と、白癬菌が水虫の原因なのだという。「ゴルフは、雨でもプレーし、長時間湿った靴を履いている。また、水泳は濡れてふやけた足でいることが多く、白癬菌が増えやすい状況にある。さらに、スポーツ後に入浴、シャワーをして、共通の足ふきマットから白癬菌を拾うこともある」と、スポーツをする人が水虫になりやすい理由について教えてくれた。

 「水虫の感染経路としては、水虫の患者から剥がれ落ちた皮膚の中に白癬菌が存在し、環境中にばらまかれる。環境中に散布された白癬菌は、少なくとも月単位、場合によっては1年以上も生存している可能性があり、12~24時間以上付着すると感染が成立する」と、白癬菌はすぐには感染しないため、スポーツをした後などには足の裏をしっかり洗ってほしいと述べていた。

 続いて、爪水虫がアスリートに及ぼす影響について、木村先生が説明した。「爪水虫は、増殖した白癬菌が爪の周りの皮膚から爪に入り込んで住みつくために起こる病気である。発症すると爪が白色から黄色に濁り、爪自体が厚くなる。また、爪の下が厚くなり、ボロボロと崩れてくる。日本では5人に1人が水虫、10人に1人が爪水虫に罹患しているといわれている」と、水虫が進行すると爪水谷が発症するとのこと。「爪は、アスリートにとって非常に重要な役割を担っている。つかむ、投げる、走るといった動作では、指の腹に力が加わるが、爪が圧力を受け止めることで動作がうまくできている。また、野球やサッカー、ラグビー、バスケットボール、ゴルフ、柔道などのスポーツでは、爪の状態がパフォーマンスに大きな影響を及ぼす可能性がある」と、アスリートにおける爪の重要性を強調した。「それだけに、アスリートにとって爪水虫は一刻も早く治療すべき病状であるといえる。爪水虫で爪がボロボロになり、爪の機能が生かせないと、爪圧が使えず、踏ん張ることや瞬発力が必要な飛び出しに悪影響が出てしまう」と、最高のパフォーマンスを引き出すには丈夫な爪が必要不可欠なのだと訴えた。

 爪水虫の治療法については、常深先生が紹介した。「爪水虫になると、爪圧が低下して歩行能力に支障をきたすようになる。すると、転倒リスクが高まり、高齢者では転倒・骨折から要介護に至る恐れがある。現在、人生100年時代といわれているが、爪水虫を治療することは、転倒・骨折を介した要介護の予防につながり、健康寿命を延伸させる可能性がある」と、爪水虫の治療は健康寿命にもよい影響を与えるという。「爪水虫の治療には、白癬菌を殺菌したり、鎮める作用のある抗真菌薬という薬が使われる。抗真菌薬には、飲み薬と塗り薬があり、患者の症状や状態などに合わせて処方される。しかし、爪水虫の治療が不完全の場合、白癬菌が残存するため再発のリスクがある。そのため、完全治癒を目指すのが治療のゴールであり、それを達成できるのが飲み薬であると考えている」と、爪水虫の治療は飲み薬を使って完全治癒を目指すべきであるとの考えを示した。

 セミナーの最後に川島先生は、「爪水虫は、思っている以上に身近な病気であるとともに、単なる爪の感染症にとどまらない影響を及ぼす可能性がある。アスリートであればパフォーマンスの低下につながり、一般の人では転倒の危険性など日常生活にも支障をきたすリスクがある。治療については、塗り薬だけで治すのは難しく、完全治癒のためには飲み薬を使うのが基本である。しかし、医療業界でも、この認識が浸透していないのが実状であり、飲み薬の重要性についてアピールを強めていく必要があると考えている。人生100年を健康に生きるためにも、爪が濁ってきたり分厚くなるなど異常を感じたら、早めに皮膚科専門医を受診してほしい」と、爪水虫の治療には、早期発見と飲み薬による完全治癒が大切であるとまとめた。

佐藤製薬=https://www.sato-seiyaku.co.jp/


このページの先頭へ