保険・ライフ

三井住友海上あいおい生命、健康リスク予測Webサービス「撮るだけ健康チェック」を提供

2022.06.06 17:46 更新

 MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上あいおい生命は、6月1日から、JMDCと共同開発した健康リスク予測Webサービス「撮るだけ健康チェック」をリリースした。

 「撮るだけ健康チェック」は、健康診断結果をスマートフォンやタブレットのカメラで読み取り、「健康年齢」「三大疾病入院リスク」を表示するサービスとのこと。画像データを文字データに変換するOCR機能を備え、アプリケーションのインストールや会員登録が不要なため、誰でも手軽に、健康意識を高め、健康づくりに役立てることができる。

 同社は、生活者の「笑顔で長生き」を応援し、すこやかな未来を支える健康長寿サポーターを目指し、老後の資産形成や健康・医療に関するサービス提供を、引き続き拡充させていく考え。

 同社は、スマートフォン等のカメラで「ねんきん定期便」を読み取り、公的年金の受給額を確認できるWebサービス「撮るだけねんきん試算」を2019年4月から提供している。

 「撮るだけ健康チェック」は、JMDCの約160万人の医療ビッグデータを活用し、健康診断結果の14項目から、「健康年齢」および、同年代の同性と比較した「三大疾病入院リスク」を表示するWebサービスとのこと。OCR入力補助機能を備えた健康リスク予測サービスのうち、アプリケーションのインストールが不要なサービスは、生命保険業界初となる(5月同社調べ)。

[開始日]6月1日(水)

三井住友海上あいおい生命=https://www.msa-life.co.jp/


このページの先頭へ