保険・ライフ

メットライフ生命、契約者向け商品付帯サービスの一部においてオンライン機能を開始

2022.03.17 14:35 更新

 メットライフ生命は、3月22日から契約者向けの商品付帯サービスの一部において、オンライン機能を開始する。これまでは電話のみで受けていた相談やサービスへの申込みをパソコンやスマートフォンからも行うことができるようになり、契約者の利便性が高まる。

 このオンライン機能は、同社が委託するティーペックが開設したWebサイト「plus Baton(プラスバトン)」を通じて、チャットによる健康相談や治療サポートの申込を受けるもの。同社コーポレートサイト内の「商品付帯サービスページ」、「ご契約者さまWEBサービス」ページから利用することができ、「plus Baton(プラスバトン)」にアクセスする。なお、「plus Baton(プラスバトン)」は、生命保険会社では11月1日まで同社のみの導入となる予定となっている。

 同社の多岐にわたる商品付帯サービスのうち、「健康に関するサービス」では、4つのコンシェルジュダイアルで受けた相談について、内容によって20を超える専門デスクできめ細かく対応している。今回スタートするオンライン機能は、「健康生活サポートダイアル」と「治療時のサポートダイアル」で受付けている相談内容で利用できる。

 「健康生活サポートダイアル」は、日々の生活の中での健康や感染症、育児、介護に関する相談などを受付けており、同社の商品付帯サービスの中で最も多く利用されている。チャット機能を使うことで、ヘルスカウンセラーとリアルタイムにやり取りができるようになる。チャットによる相談は、文字に残るので内容をあとから見直すことができるほか、電話が難しい状況でも場所を選ばずに相談ができるなどの利点がある。また、あらかじめ想定される質問については、24時間自動応答のチャットボットサービスも利用できる。

 「治療時のサポートダイアル」では、セカンドオピニオンの手配や受診手配などを受けており、Web申込機能を使用することで、24時間いつでも申込めるようになる。

[開始日]3月22日(火)

メットライフ生命=https://www.metlife.co.jp/


このページの先頭へ