保険・ライフ

チューリッヒ生命、50歳から加入可能な有期型の死亡保険「定期保険プラチナ」を発売

2022.02.25 18:56 更新

 チューリッヒ生命は、3月2日から、有期型の死亡保険「定期保険プラチナ」(正式名称:無解約払戻金型定期保険(Z03))を発売する。「定期保険プラチナ」は、50歳から80歳までの人が加入可能な死亡保険となっている。

 死亡保険は、遺された家族の生活費用に備えるケース以外にも、子育てがひと段落した後に自身の葬儀費用等に備えるケースもある。「定期保険プラチナ」では、保険金額を100万円~3億円(100万円は90歳満了の場合のみ。保険金額は年齢・年収等によって制限させてもらうことがある)まで選択できるため、生活者の幅広いニーズに合わせた商品設計が可能となる。

 なお、「定期保険プラチナ」発売に伴い、現在販売している「定期保険プレミアム DX」の加入年齢は69歳までだったが、20歳から49歳までに変更となる。

 チューリッヒ生命の「定期保険プラチナ」の3つの特長として、保険期間は、10年更新もしくは、60歳・65歳・70歳・90歳満了から選択することができ、生活者の必要に応じた保険期間が設定できるとのこと。生活者のニーズや状況に合わせて100万円~3億円までの保険金額の設定が可能となっている。「特定疾病保険料払込免除特約」を付加することによって、3大疾病(ガン(ガン:悪性新生物・上皮内新生物)、所定の心疾患または所定の脳血管疾患)または5大疾病(ガン、所定の心疾患、所定の脳血管疾患、所定の肝疾患または所定の腎疾患)において所定の状態になったとき、以後の保険料の払込が不要になる。

[発売日]3月2日(水)

チューリッヒ生命=https://www.zurichlife.co.jp/


このページの先頭へ