保険・ライフ

ソニー生命、ライフプランナーによるソニー損保の火災保険を取扱開始

2021.10.15 18:03 更新

 ソニー生命は、10月15日からライフプランナー(営業社員)によるソニー損保の火災保険の取扱を開始する。

 ソニー生命のライフプランナーは、すでにソニー損保の自動車保険やソニー銀行の住宅ローン等を取り扱っているが、今回のソニー損保の火災保険取扱開始によって、生活者の多様化するニーズに対応し、より一層、生活者への提供価値の向上を図っていくとのこと。

 今後も、ソニーフィナンシャルグループ各社間での連携を強化し、グループシナジーを発揮することで「総合的な金融サービス」を推進していくとしている。

 ソニー生命は、「日本中の生活者を一生涯守る」という思いのもと、生活者が生涯を通じて必要な資金を分析し、ライフプランに合わせたオーダーメイドの生命保険を提供している。

 火災や自然災害などによって大切なマイホームが被害を受けた際の損害を補償する火災保険も、生活者を守るための重要な要素のひとつであることから、生活者への提供価値(ライフプランナーバリュー)の向上を目的として、ソニー損保の火災保険の取扱を開始する。

 これによって、生活者は、生命保険・自動車保険・住宅ローン等に加え火災保険に関する相談が可能となり、生活者が描くライフプランについて、ライフプランナーによる総合的なコンサルティングが可能となる。

 また、ソニー損保の火災保険は、生活者のニーズに合わせた補償のカスタマイズが可能で、地震補償を一般的な地震保険に比べて手厚くすることなどもできるため、ライフプランナーによるコンサルティングにも適した商品となっている。ソニーフィナンシャルグループでは、すでにソニー銀行の住宅ローンを利用している生活者を対象に販売しており、今回のソニー生命のライフプランナーによる火災保険の取扱開始によって、より多くの生活者にソニー損保の火災保険の魅力を伝えることができるようになるとしている。

[取扱開始日]10月15日(金)

ソニー生命=https://www.sonylife.co.jp/
ソニー損保=https://www.sonysonpo.co.jp/


このページの先頭へ