保険・ライフ

三井住友海上プライマリー生命、三井住友信託銀行との共同開発商品「えらんで、そなえる」を発売

2021.09.02 18:26 更新

 MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上プライマリー生命は、三井住友信託銀行と、人生100年時代の到来をふまえ、保険の機能をベースとして、その中に資産をふやすための機能を盛り込みながら、相続・介護へのそなえ、自身の年金としてのそなえなど、生活者の幅広いニーズに一つの商品で応えられる変額終身保険「えらんで、そなえる」(災害保障型変額終身保険)を共同で企画・開発(商品の基本コンセプトのほか、死亡、介護・認知症に備えるコースの設定等を共同で企画・開発) し、9月1日から、三井住友信託銀行で販売を開始した。

 「えらんで、そなえる」は、生活者がそなえたい保障を4つの保障コースから選んでもらい、また、生活者の運用スタイルに合わせて14種類の特別勘定から運用方法も選んでもらえることが特徴となっている。

 低金利環境が継続する中、長期・分散の資産運用の力を活用して資産形成を図るために、マーケット環境に応じて運用資産の投資先を多様な中から選択することが重要とのこと。同商品は、国内外の株式や債券などを投資対象とする14の特別勘定およびその配分割合を、生活者が自由に「えらんで」運用することができる。さらに、保険期間中に、特別勘定や配分割合を変更できるスイッチング(積立金の移転)や、あらかじめ設定した配分割合に自動的に調整するオート・アセット・リバランス(積立金配分自動調整制度)など、運用に便利な機能も備えている。

 また、高齢化の進展に伴い、認知症や他の病気によって自身で資産管理ができなくなるケースにそなえたい、相続・贈与にもそなえたいといった声が高まっている。同商品は、こういった生活者の声に応えて、運用効率を重視するベーシックな「基本コース」に加え、「死亡保障コース」「介護・認知症保障コース」、生存給付金を受取れる「生存給付コース」の4つのコースを備えており、幅広い世代の様々なお客さまニーズにお応えできます。なお、「死亡保障コース」「介護・認知症保障コース」は、契約日から2年経過以後に、基本保険金額(一時払保険料)の10%の保障を積立金額に上乗せする、業界初(基本保険金額に一定率をかけた保障を積立金額に上乗せする機能がある一時払変額保険として業界初。「死亡保障コース」「介護・認知症保障コース」が対象。8月三井住友海上プライマリー生命調べ)の一時払変額保険商品となっている。

 同社はこれからも、「生活者第一の業務運営に関する方針」に則り、生活者を取り巻く環境変化やニーズの変化等の把握に努め、生活者に満足してもらえる商品・サービスを提供していく考え。

[発売日]9月1日(水)

三井住友海上プライマリー生命=http://www.ms-primary.com/


このページの先頭へ