保険・ライフ

武蔵野銀行、指定通貨建終身保険 指定通貨建特別終身保険「はじめての介護」を取扱い開始

2021.08.31 17:27 更新

 武蔵野銀行は、9月1日から、指定通貨建終身保険 指定通貨建特別終身保険「はじめての介護」(引受保険会社:ニッセイ・ウェルス生命)の取扱いを開始いする。同行は、今後も引き続き金融商品の品揃えの充実を図り、生活者に喜ばれる商品・サービスを提供していく考え。

 「はじめての介護」は、認知症などによる介護と万が一の場合に備えることができる一時払の外貨建終身保険となっている。

 取扱店については、全営業店(「さいたま新都心パーソナルプラザ」および「ユア・ラウンジ浦和」を含む)となっている。

 生命保険は預金ではないとのこと。したがって払込保険料の元本保証はないという。生命保険は預金保険制度の対象ではない。募集代理店(金融機関)となる同行は、生活者と保険会社の保険契約締結の媒介を行うが、保険契約締結の代理権はない。したがって、保険契約は、生活者からの申込みに対して保険会社が承諾したときに有効に成立する。この商品の詳細については「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)兼 商品パンフレット」「ご契約のしおり・約款」等で確認してほしいという。

[発売日]9月1日(水)

武蔵野銀行=http://www.musashinobank.co.jp/


このページの先頭へ