保険・ライフ

T&Dフィナンシャル生命、名古屋銀行で「ハイブリッド アセット ライフ」を販売

2021.07.27 19:24 更新

 T&D保険グループのT&Dフィナンシャル生命は、8月2日から、名古屋銀行で、「変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッド アセット ライフ』~」の販売を開始する。

 「ハイブリッド アセット ライフ」は、「投資信託」と「生命保険」の融合によって、人生100年時代の自助努力による資産形成をサポートする円建の一時払変額終身保険となっている。

 長期分散投資を中心とした運用を継続しながら、計画的な資産の取り崩しを図るとともに、自身や家族のために介護・認知症や相続にそなえられる。同商品の主な特徴は、安定的に運用する3種類の「コアファンド」と、リスクをとって高いリターンをめざす2種類の「サテライトファンド」から選択できるとのこと。契約時の費用は不要。さらにファンド間のスイッチングは年12回まで無料(年13回目からは1回につき1000円の費用がかかる)となっている。

 生活者の大切な資産の運用を継続しながら受け取りができる“資産寿命の延伸”を図る3コースを用意した。運用成果を受け取れる「超過給付コース」、運用を楽しみながら年金として受け取れる「年金コース」、運用を楽しみながら大切な人に贈与できる「生前贈与コース」から選択できる。

 要介護状態や認知症になり、本人が預金の引出等を行なうことができないこともある。「指定代理請求特約」を活用することで、そのような事態にそなえることができる。公的介護保険制度の「要介護1」以上に認定または「認知症」と診断確定された場合、解約払戻金を原資として、介護認知症年金が受け取れる。「介護コンシェル」を活用することで、人生100年時代の長く充実した生活者の老後をサポートする。なお、「介護コンシェル」はインターネットインフィニティーが提供するサービス。ケアマネジャーの紹介や認知症予防ツールの提供等、個々の事情に応じた最適な介護・認知症サポートサービスを提供している。

[発売日]8月2日(月)

T&Dフィナンシャル生命=http://www.tdf-life.co.jp/
名古屋銀行=https://www.meigin.com/


このページの先頭へ