保険・ライフ

第一生命、国立長寿医療研究センターと協働し音楽付き認知症予防体操「コグニ体操」を制作・提供

2021.04.30 15:04 更新

 第一生命は、国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター(以下、国立長寿医療研究センター)と協働し、国内初となる音楽付き認知症予防体操「コグニ体操」を制作し、提供を開始する。

 同社は認知症予防を目的に、国立長寿医療研究センター監修によって2015年11月に制作した認知症運動「コグニサイズ&コグニライフ」(DVD)を累計約17万枚提供してきたが、講習やセミナー形式で実施することが多いため毎日習慣化することが難しく、課題となっていた。また、コロナ禍で在宅高齢者のデイサービス利用の減少や外出自粛によって、認知症およびフレイル(虚弱)予防がさらなる社会問題・地域課題となっている。そこで、国立長寿医療研究センター監修(制作協力:横浜YMCA)による新たな取組みとして、音楽にのせて毎日楽しく「コグニサイズ」を実践できる国内初の音楽付き認知症予防体操「コグニ体操」を制作し、提供する。

 コグニサイズとは、国立長寿医療研究センター開発によるコグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせた造語で、コグニション課題とエクササイズ課題を同時に行うことで脳とからだの機能を効果的に向上させる運動プログラムとのこと。

 「コグニ体操」は、認知症予防が重要とされる40歳以降の人から在宅高齢者およびその家族、認知症予防を地域課題としている自治体ならびに地域住民の人々に幅広く活用されることを目指しており、DVDでの提供に加え、YouTubeでの動画提供も実施する。

 同社と国立長寿医療研究センターは、2015年2月に「認知症その他の長寿医療」に関する情報提供について包括的連携協定を締結し、啓発リーフレットや認知症予防運動「コグニサイズ」のツール制作および推進、全国でのセミナー開催を通じ、認知症予防・長寿医療についての情報を発信してきた。今後も国民QOL向上に資する活動を行っていく考え。

第一生命=https://www.dai-ichi-life.co.jp/


このページの先頭へ