保険・ライフ

第一生命、ミレニアル世代向け商品ブランド「デジホ」を提供開始

2021.04.08 15:57 更新

 第一生命は、2021~23年度中期経営計画「Re-connect2023」におけるCXデザイン戦略に基づき、新たな商品ブランド「デジホ」を立ち上げた。併せて、第一スマート少額短期保険を開業した。

 「デジホ」は、ミレニアル世代やZ世代といわれる未来を担う若者たちが、安心して一歩ふみだせるように応援することをコンセプトとした第一生命・第一スマートの新たな商品ブランド。自分らしさを大切にし、必要な時に、必要な分だけといった若者の価値観に寄り添い、生活者と「デジホ」との心地よく無理のない関係を続けることを目指す。初回商品として、4月9日から「特定感染症保険」を発売する。

 生活者が必要とする分だけのシンプルな保障を、簡単、スピーディーに提供する。申込みから給付金の受取りまで、すべての手続きがスマホ等で完了する。電子マネーでの給付金の受取りなど、利便性の向上も図っていく考え。

 共通の価値観や生活様式を持つ人々が集まるコミュニティを運営するビジネスパートナーを通じて「デジホ」を提供する。それぞれのコミュニティのニーズやペインポイントに合わせたオーダーメイド商品、世界観にマッチしたシームレスな加入体験を提供する。

第一生命=https://www.dai-ichi-life.co.jp/


このページの先頭へ