保険・ライフ

アクサ生命と住友生命、介護関連サービス「ウェルエイジングサポートあすのえがお」を全国で提供開始

2021.03.31 17:36 更新

 アクサ生命と住友生命は、2019年10月から一部地域の契約者に先行して案内を開始した高齢者介護のトータルコーディネートを実現する介護関連サービス「ウェルエイジングサポートあすのえがお」(以下、同サービス)について、4月1日から全国の契約者に向けて案内を開始する。

 今回のサービス利用対象者の拡大によって、地域・年齢に関わらず、全国の営業店舗の営業担当者経由で両社の個人保険(契約者が法人の場合を除く)に契約したすべての契約者に同サービスを利用してもらい、介護や認知症に関するニーズに応えることが可能となった。また、今後は、介護を受けられる人とともに、特に介護を行う人のニーズにも応える新たなサービスの検討も進めていく考え。

 サービス利用対象者の拡大については、4月1日以降、全国の営業店舗の営業担当者経由で契約した個人保険(契約者が法人の場合を除く)の契約者、被保険者とその家族とする(地域、年齢を問わない)。

 今後も両社の知見とノウハウを持ち寄り、生活者の介護に関する不安や将来のリスクの軽減につながるサービスの開発に取り組み、介護分野における魅力あるソリューションの提供を目指していく考え。

アクサ生命=https://www.axa.co.jp/
住友生命=https://www.sumitomolife.co.jp/


このページの先頭へ