保険・ライフ

FWD富士生命、「FWD 収入保障」申込手続きの効率化を実現

2021.03.02 20:54 更新

 FWD富士生命は、無解約返戻金型収入保障保険II「FWD 収入保障」について、告知書扱(「告知書扱」とは告知書のみにより選択を行う方法)での非喫煙者優良体保険料率および喫煙者優良体保険料率(以下、「優良体保険料率」)の取扱いを3月2日から開始する。

 よりシンプル、スピーディーな手続きを通じて、新たな顧客体験を提供するため、FWD 収入保障において、お申込内容が告知書扱の所定の範囲内であれば、告知書(一般用)と今回新設の告知書(健診・人間ドック転記用紙)を一緒に提出することで、優良体保険料率を告知書扱で取扱うことが可能になる。これによって、優良体保険料率の申込みにおいても、健康診断結果通知書・人間ドック成績表の提出や医師による診査が不要となる。

 特徴は、死亡または所定の高度障害状態に該当した場合、年金を毎月支払うとのこと(年金の支払事由に該当した場合、以後の保険料の払込みは必要ない)。「配偶者同時災害死亡時割増特則」を適用することで、同一の不慮の事故で夫婦が2人とも死亡した場合、災害割増遺族年金を上乗せして支払う(取扱いには所定の条件がある)。年金の受取方法は、毎月の受取りはもちろん、一括での受取り等、ニーズにあった受取方法を選べる(受取方法を選択できない場合がある)。

 「生活支援特則」を付加することで、所定の高度障害状態だけでなく、身体障害者福祉法に基づき、1~4級いずれかの身体障害者手帳が交付されたとき、および公的介護保険制度の要介護1以上に認定された場合にも、年金を毎月支払うとのこと(年金の支払事由に該当した場合、以後の保険料の払込は必要ない)。

 健康状態等に応じた保険料率を用意している。健康な人や喫煙しない人は、より割安な保険料率で申込むことができる。

FWD富士生命=https://www.fwdfujilife.co.jp/


このページの先頭へ