保険・ライフ

ソニー生命、リモートで「契約後の各種手続(保全)」をペーパーレス手続できる取扱を開始

2020.12.09 19:02 更新

 ソニー生命は、リモートで「契約後の各種手続(保全)」をペーパーレス(必要書類の郵送なし)で、手続できる取扱を12月から開始した。

 同社では、多様化する生活者のニーズに着実に応え、コンサルティングセールス・コンサルティングフォローを通じて、一人ひとりの生活者への最適な保障の提供に努めているという。

 その一環として、生活者と直接会わなくてもWEB上でコンサルティングを行うことができる「リモートコンサルティング」を開発し、6月から導入するとともに、9月からは、申し込み手続について、リモートにてペーパーレス(申込書の郵送なし)で申し込みできる取扱を開始している。

 そして、今回、払込方法や契約内容の変更など、契約後の各種手続(保全)についても、リモートで手続できる取扱を12月から開始した。

 これによって、契約の申し込みに関するコンサルティングセールスから、契約後の各種手続(保全)に関するコンサルティングフォローまでのすべてのプロセスにおいて、直接会う場合と同様の質の高い、きめ細やかなコンサルティングがリモートでも提供できるようになった。

 これらの取組は、顧客本位の業務運営の観点から、同社で独自に開発したビデオコミュニケーションシステム「C-SAAF Remote(サーフ リモート)」による先進的なインターフェイス等の活用によって、ライフプランナーと契約者との円滑なコミュニケーションや双方向入力が実現可能となった。

 これからも同社は、ソニーグループの一員として、より生活者に近い存在であるために、テクノロジーの活用やソニーとの協業による質の高いサービスの提供に努めていく考え。

 ほぼすべての保全請求がリモートで実施可能となっ。ライフプランナーとリモートで面談中に保全請求の要望が発生した場合でも、契約者は保全請求手続のために後日送付される請求書類を待つことなく、その場で契約者が画面上で内容を確認し、契約者のスマートフォンなどカメラ付きの情報端末で自身の署名を撮影して送付することで、手続を完結することが可能となる。

ソニー生命=https://www.sonylife.co.jp/


このページの先頭へ