保険・ライフ

アクサダイレクト生命、「アクサダイレクトの終身医療」の保険料改定を実施、疾病への懸念・保障見直しニーズに平均25.1%の引下げで対応

2020.10.26 12:17 更新

 アクサダイレクト生命は、11月2日に「アクサダイレクトの終身医療」(正式名称:終身医療保険(無解約返戻金型))の保険料改定を行う。なお保障内容に変更はないという。

 今回、主契約および特約について料率変更を行い、保険料は平均25.1%の引下げ(料率変更を行う全保障(主契約はI型を選択)を選択した条件において、11月2日以降の改定後保険料で計算した場合の保険料の平均引下げ率)となる。保障内容はそのままに保険料はこれまで以上に手頃となるため、昨今の世情をふまえより高まってきている疾病への懸念や、自身・家族の保障についての見直しニーズに、より合理的に応えられる商品となっている。

 料率変更の対象となる主契約および特約は、主契約(I型(入院・手術を保障)、II型(入院のみを保障)ともに)、3大疾病保険料払込免除特約、入院時一時金給付特約(15)、通院支援特約(退院時給付型)となる。

 「アクサダイレクトの終身医療」新旧の月額保険料例では、I型(入院・手術を保障)、先進医療特約・3大疾病保険料払込免除特約を付加、入院給付金日額5000円、保険期間・保険料払込期間は終身となる。

[実施日]11月2日(月)

アクサダイレクト生命=https://www.axa-direct-life.co.jp/


このページの先頭へ