保険・ライフ

ソニー生命、「保険料払込免除特約(20)(無配当)」を発売

2020.10.06 16:09 更新

 ソニー生命は、12月2日から「保険料払込免除特約(20)(無配当)」を発売する。払込免除事由に精神障害の公的手帳との連動化・入院要件の追加をする等、保障内容の拡充等を行うことで、より幅広く柔軟に生活者が就業不能になり得るリスクに備えることを可能とした。

 さらに、従来の特約には付加できなかった保険期間・保険料払込期間が終身の「総合医療保険(無解約返戻金型)18(無配当)(健康還付給付金特則付を含む)」や「米ドル建終身保険(無配当)」にも付加することが可能となる。

 保険料払込免除特約(20)(無配当)の特長と保険料の払込免除事由について、がん・心疾患・脳血管疾患や、特定障害状態、要介護状態、精神障害等で所定の状態になったときは、以後の保険料の払込みが不要となる。この商品に解約返戻金はないという。

 保険料例は、総合医療保険(無解約返戻金型)18に保険料払込免除特約(20)を付加した場合、保険期間が終身、1入院の支払い限度日数が120日型で、入院給付金日額は5000円の個別扱月払保険料となる。

 なお、次のいずれかに該当する場合、この特約を付加できない。主契約・特約(女性特定手術給付特約、先進医療特約、抗がん剤治療特約を除く)が更新可能な種目の場合。主契約・特約の保険料払込期間が70歳を超える場合(保険料払込期間が終身の総合医療保険(無解約返戻金型)18(健康還付給付金特則付含む)およびこの主契約に付加された特約には付加できる)。主契約・特約の保険料払込期間が5年未満の場合。その他、会社の定める条件を満たさない場合、付加できないこともある。

[発売日]12月2日(水)

ソニー生命=https://www.sonylife.co.jp/


このページの先頭へ