食事・レストラン

パナソニック、「自動計量IH炊飯器」を数量限定で「先行体験」応募受付開始

2022.11.25 19:10 更新

 パナソニックは、数量限定の先行体験プログラム「Future Star Program」において、業界初(11月15日発表。国内家庭用炊飯器において。同社調べ)の自動計量&遠隔炊飯機能を搭載した「自動計量IH炊飯器」の先行体験について、11月15日から応募受付を開始した。

 今日、世帯構造の変化で少人数世帯(単身または夫婦のみ)が増加し、今後も増加し続けると予測されていると共に、くらしの変化によって、それぞれの仕事や通学などによる生活リズムの違いで、食事のスタイルも多様化している。同社はこのような生活の変化を捉え、少人数世帯での新たな炊飯価値の発見のために、今の時代に提案できる炊飯器を検討してきた。同社は、お米と水を自動で計量し、炊飯をする無洗米専用の自動計量IH炊飯器を提案する。

 炊飯器本体に内蔵されている米タンクと水タンクに、無洗米と水をセットし、簡単なボタン操作で炊飯が可能となっている。アプリ操作(キッチンポケットアプリ)で、外出先からも炊飯をスタートしたり、炊き上がりの時刻や量を変更できるので、家を出る前に予約をしておく必要はなく、予定に合わせた柔軟な炊飯設定が可能となっている。2合炊きの小容量なので、食べきる分だけ、いつも炊きたてを食べるスタイルがおすすめだという。プログラム参画者にはいち早く新たな価値の製品を体験してもらい、その体験に基づいた声を元に、同社は新たな生活価値・くらしスタイルの提供に繋げていく。

 「Future Star Program 」では、消費者のより豊かな暮らしを実現するために、発売予定の新製品をいち早く体験してもらい、炊飯に関する新たな生活価値を発見していく。プログラム参画者には炊飯おすすめ情報「FSP通信」を期間限定で配信し、使用前後のアンケート等各種調査に協力してもらう。

[体験価格]4万6000円(税込 送料込み)
[体験応募受付期間]11月15日~12月25日
[体験製品届け予定]2023年2月下旬予定

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ