食事・レストラン

崎陽軒・JR東日本・横浜市歴史博物館、「JR東日本×横浜市歴史博物館×崎陽軒『鉄道開業150年記念弁当』」を数量限定で発売

2022.10.05 11:55 更新

 崎陽軒は、JR東日本、横浜市歴史博物館(運営:横浜市ふるさと歴史財団)とのコラボレーション企画として、JR東日本×横浜市歴史博物館×崎陽軒「鉄道開業150年記念弁当」(JR東日本商品化許諾済)を10月11日から15日までの5日間、店舗・数量限定で発売する。なお、崎陽軒公式WEBサイトでの完全予約販売となる。

 JR東日本×横浜市歴史博物館×崎陽軒「鉄道開業150年記念弁当」は、1872年10月14日に日本で最初の鉄道が新橋-横浜間で開業してから150年を迎えることを記念したお弁当となっている。ふわふわ食感のスクランブルエッグをトッピングした「オムライス」や「海老グラタン」、「海老フライ」、「ミニベイクドチーズケーキ」など、鉄道開業の地である横浜らしさを洋風のおかずで表現した。

 掛け紙には、横浜市ふるさと歴史財団が運営する横浜開港資料館が所蔵している鉄道開業当時の横浜を走る列車の風景が描かれた錦絵をデザインし、150年という歴史に想いを馳せることができる。また、「鉄道発祥の地」であるJR桜木町駅(初代横浜駅)社員の原案による特別デザイン「鉄道開業150年記念ひょうちゃん」2種のうち、いずれか一つを封入する。どちらのひょうちゃんが入っているかは開けてみてのお楽しみとなっている。

 なお、同企画の契機のひとつであり、崎陽軒が所蔵する初代ひょうちゃん(復刻)やシウマイ娘(レプリカ)が展示された横浜市歴史博物館特別展「みんなでつなげる鉄道150年」は、会期中およそ3万人の消費者に来場してもらい、9月25日で閉幕した。

[小売価格]1500円(税込)
[発売日]10月11日(火)

崎陽軒=https://kiyoken.com/
JR東日本=https://www.jreast.co.jp/


このページの先頭へ