食事・レストラン

伊藤忠商事、プラントベース食品ブランド「wellbeans(ウェルビーンズ)」を立ち上げ

2022.08.01 12:05 更新

 伊藤忠商事は、「未来は、今日からつくられる。」をコンセプトに、プラントベースのおいしさをポジティブに楽しむプラントベース食品ブランド「wellbeans(ウェルビーンズ)」を立ち上げる。

 商品開発には、半世紀以上にわたってプラントベース食品の研究・開発を行っている不二製油の植物性素材を活用していく考え。

 昨今、人口の劇的な増加と、気候変動の影響による食糧供給不足や環境負荷などが問題視されており、環境に優しいサスティナブルな食事への関心が強まっている。このような状況の中、テクノロジーの力で食の新しい可能性を広げる「フードテック」の活用が期待されている。伊藤忠商事が擁する食品流通業界における幅広い知見やネットワークと不二製油の技術力を組み合わせ、マーケットインの発想のもと「おいしいプラントベース食品」の開発に取り組んでいる。

 「ウェルビーンズ」は、プラントベースのおいしさをポジティブに楽しむ、「おいしさ」で選ばれることがこれからのプラントベースの常識になることを願い、誕生したブランド。高たんぱくなヘルシーフードであり、環境負荷が低い豆類を原料とし、「おいしさ」「素材」「健康」「環境」の4つに徹底的にこだわる製品を開発、展開する。

 「ウェルビーンズ」の立ち上げを記念して、7月27日から、北青山・渋谷・有明において、「ウェルビーンズ」製品を使った特別メニューを販売するフードトラックを順次展開する。料理研究家と考案した、キーマカレーやタコライス、ライスの代わりにピタパンを使ったピタサンドなどを販売する。この機会にぜひ「ウェルビーンズ」が提案する、健康的で、おいしいプラントベース食品を楽しんでもらいたい考え。

 「ウェルビーンズ」を通じて、おいしく食べて、からだにやさしく、環境にもやさしいライフスタイルを叶え、すこやかな未来につなげることを提案する。

 「wellbeans」というブランド名には、高たんぱくなヘルシーフードであり、環境負荷が低いことでも知られる「beans=豆」をおいしく食べることによって、からだにも環境にも「well=よい」ライフスタイルを叶えたい、という思いが込められている。

ウェルビーンズ=https://wellbeans.net


このページの先頭へ