食事・レストラン

丸亀製麺、"さっぱり"彩り豊かな「山菜おろし冷(ひや)かけうどん」と"がっつり"焼きたての「旨辛肉つけうどん」を販売

2022.08.31 19:27 更新

 丸亀製麺が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、「山菜おろし冷かけうどん」 と「旨辛肉つけうどん」を8月30日から丸亀製麺の一部店舗で期間限定販売する。季節の移り変わりのこの時期に、すべての店で粉からつくる打ち立てうどんをさっぱりと味わいたいとき、そしてがっつりと食べて元気に乗り切りたいときなど、その日の気分に合わせて楽しんでほしいという。

 「山菜おろし冷(ひや)かけうどん」は、わらびやぜんまいなどの彩り豊かな山菜とさっぱり涼やかな大根おろし、そして徳島県産「阿波徳島すだち」を、きゅっと締めたうどんに合わせたさっぱりとした一杯に仕立てた。たっぷり入った山菜が特製の冷たいかけだしに絡むことで、甘さが加わり、丸みがありつつもすっきりとした味わいになっている。

 途中で「阿波徳島すだち」を絞れば、キレのある酸味が爽やかな味わいを生み出す。まだまだ暑さが残る日に、水で締めた打ち立てうどんとだし、山菜と大根おろし、すだちで涼感あふれる一杯を楽しんでほしいという。また、おろししょうがを加えると、よりさっぱりとした味わいになるとのこと。さらに、青ねぎを加えるとシャキシャキ食感や風味がプラスされ、最後の一滴まで食べ飽きることなく味わうことができる。

 「旨辛肉つけうどん」は、茹であがったうどんを水できゅっと締めたコシのある冷たいうどんに、注文ごとに目の前で焼き上げる焼きたての牛肉、シャキシャキ食感の白ねぎ、そしていりごまとたっぷりの刻みのりを添えたがっつりと味わえる一杯となっている。うどんに回しかけるごま油の香ばしい香りが、より食欲をかき立てる。特製つけだれは、ラー油をきかせたピリ辛な味わいだとか。

 まずは、そのままでラー油の香りと辛さを楽しんでほしいという。さらに、温泉玉子を割って絡めると、黄身のコクが加わりまろやかな味わいになるという。焼きたての旨み溢れる牛肉と一緒にのど越しの良いうどんをお腹いっぱい食べてもらいたいという想いから、うどんのサイズを、1玉、1.5玉、2玉まですべて同価格で選ぶことができる。

[小売価格]
山菜おろし冷かけうどん
 (並):590円
 (大):710円
 (得):830円
旨辛肉つけうどん:890円
※うどんのサイズは、1玉、1.5玉、2玉まで同価格
(すべて税込)
[発売日]8月30日(火)

丸亀製麺=https://jp.marugame.com/


このページの先頭へ