食事・レストラン

しゃぶしゃぶ温野菜、酸味と辛さがクセになる「トムヤムクン鍋」を期間限定販売、コース限定サイドメニューでエスニック料理にアレンジも

2022.05.12 21:02 更新

 レインズインターナショナルが展開する厳選した肉とこだわりの国産野菜が楽しめる「しゃぶしゃぶ温野菜」(以下、温野菜)では、酸っぱ辛いスープが肉と野菜を引き立てる「トムヤムクン鍋」 を、5月19日から6月23日の期間限定販売する。5月12日に行われた試食会では、「トムヤムクン鍋」の開発背景や美味しさのこだわりなどについて説明した。

 「タイの国民食であるトムヤムクンの本格感は残しながらも、しゃぶしゃぶで肉や野菜を楽しめるように鍋メニューとしてアレンジした」と、レインズインターナショナル 第一マーケティング本部 マーケティング企画部の杉山仁美部長が挨拶。「塩味と甘味のバランスが楽しめるとともに、酸っぱ辛いスープに仕上げた」と、酸味と辛さがクセになる美味しさなのだとか。「コロナ禍で海外旅行にも行けない日々が続いていた中、食で非日常を味わう人々が増えている。また、昨今のエスニック料理が人気となっていることから、タイに注目し、タイに旅行へ来た気分が味わえるメニューとして『トムヤンクン鍋』を開発した」と、開発に至った経緯について教えてくれた。

 “トムヤムクン”は、香辛料と魚介の旨味、酸味や辛味の絶妙なバランスが魅力の世界三大スープの一つ。タイの国民食でもあるトムヤムクンは、レモングラスや唐辛子などの香辛料で汗をかきながらも、酸味があることで後味が爽やかな初夏にぴったりの料理となっている。

 こだわりは、本場の味に近づけながらも、肉と魚介がマッチする絶妙なバランスのスープに仕上げた点だとか。王道トムヤムクンの味をベースに、塩味と甘味のバランスを細かく調整し、肉を入れることを想定した配合にすることで、しゃぶしゃぶとして楽しめるトムヤムクン鍋に仕上げたという。

 同食べ放題コース限定で、パクチー・フォー・ライスペーパー・エスニックソース・パクチーつみれ・エスニックビビンバも好きなだけ注文できるとのこと。好きな肉や野菜をライスペーパーで巻いた「トムヤム巻き」など、幅広いアレンジが楽しめる。

 トムヤムクンに使用している唐辛子などの香辛料は、代謝促進や血行改善、脂肪燃焼のサポートに効果を発揮するといわれている。

 気軽に海外へ行けない中、刺激のあるスパイスを求めてエスニック料理への熱が高まっている。ぜひ、しゃぶしゃぶ温野菜でタイへのプチトリップを楽しんでほしいという。

 トムヤムクン鍋を楽しむためのアレンジメニューとして、“水菜と人参のトムヤム巻き”では、水菜、人参、パクチーをライスペーパーで巻き、エスニックソースを合わせた一品となっている。“エスニックもちつみれ”は、パクチーつみれをもちしゃぶで巻いた組み合わせ。追いパクチーをするのもオススメだという。

 “エスニック水餃子”では、茹でた水餃子を出汁と一緒に器に入れ、エスニックソースをからめる。レモンも好みで加えてほしいとのこと。

 「トムヤムクン御膳」は、肉、野菜などがセットになったメニュー。出汁は、トムヤムクン出汁と他8種の出汁から1つ選択。肉は、たんしゃぶ・厳選牛しゃぶ、桜姫鶏ロースとなっている。野菜は、野菜盛り、パクチー・レモンとのこと。その他、ライスペーパー、エスニックソース、フォーが付いている。

 「トムヤムクン鍋食べ放題」は、たんしゃぶなど13種の肉、厳選した国産野菜、おつまみなど60種類以上が食べ放題とのこと。出汁は、トムヤムクン出汁と他10種の出汁から1つ選択。同コース限定として、パクチー、パクチーつみれ、エスニックビビンバ、フォー、ライスペーパー、エスニックソースが楽しめる。

[小売価格]
トムヤムクン御膳:2068円
トムヤムクン鍋食べ放題:4158円
(すべて税込)
[発売日]5月19日(木)

しゃぶしゃぶ温野菜=https://www.onyasai.com/


このページの先頭へ