食事・レストラン

フジパン、7月1日納品分から一部の製品を値上げ

2022.05.09 19:33 更新

 フジパンは、7月1日納品分から、一部の製品価格を値上げする。

 北米小麦主産地の不作影響やウクライナ情勢等による供給懸念に伴う小麦国際相場の高騰などによって、4月から、政府からの輸入小麦の売り渡し価格が主要銘柄平均で17.3%の引き上げを行うことを公表した。輸入小麦の売り渡し価格は、昨年10月の19%引き上げに続いて二期連続の値上がりとなる。

 また、油脂類、糖類、レーズンなど、世界的な需要拡大や主産地での天候不順によって、国際価格が大幅に高騰している。

 同社としても、全社を挙げて合理化と経費節減を推進してきたが、企業努力だけでコスト上昇分を吸収することは極めて困難であり、安定した製品供給のためには、価格改定せざるを得ないと判断したという。なお、一部製品については価格を据え置いている。

[改定日]7月1日(金)納品分から

フジパングループ本社=http://www.fujipan.co.jp/


このページの先頭へ