食事・レストラン

スシロー、10月1日から黄・赤・黒皿を値上げ

2022.05.11 17:07 更新

 あきんどスシロー(以下、スシロー)が展開するスシロー全店において、10月1日から価格の改訂、一部店舗区分の見直しを行い、黄・赤・黒皿を値上げする。

 スシローは、「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」を使命に、1984年の創業以来38年間続いてきた1皿100円(税別)のすしを提供し続けられるよう、食材の多様化や店舗でのIT化による効率化をはじめ様々な施策を実施してきた。

 一方で、円安や水産資源の減少等による食材の調達コスト、物流費、地代、人件費、設備・建設資材の高騰など、私ども飲食業を含めた事業会社を取り巻く環境の変化はこれまでに無いほど急激で大きなものがあるという。こうした環境下において、消費者、取引先、従業員を大切にしながらサステナブル(持続可能)な事業を展開し、これまで以上のサービスの提供を実現するためには、様々な変化が求められると考えているという。

 スシローは、これからも消費者に「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」を提供し続けていきたいという信念を持っているとのこと。このような状況下、うまさ・品質へのこだわりなど創業以来の使命を変えることなく、これまで消費者から支持を得てきた、スシローの「ここまでうまくて、この価格なのか」を、これからも提供し続けるため価格の改定と、店舗環境に応じた店舗区分(店舗環境に応じて、郊外型、準都市型、都市型の3つの類型がある)の一部見直しをする。

 なお、10月1日の価格改定までの間、これまで通り楽しめるフェア商品を順次販売する。

 具体的な各店舗における適用区分(郊外型、準都市型、都市型)、価格改定の詳細については、9月初旬ころ別途発表する。

[改定日]10月1日(土)

あきんどスシロー=http://www.akindo-sushiro.co.jp/


このページの先頭へ