食事・レストラン

日本ハム、「Table for All 食物アレルギーケア」にて食物アレルギー対応商品を発売

2022.04.04 13:09 更新

 日本ハムは、2月からサービスを開始した食物アレルギーケア総合プラットフォームの「Table for All 食物アレルギーケア」において、食物アレルギー対応商品の販売を開始した。

 食物アレルギーは、乳幼児期に最も多く、日本では乳児で約10人に1人、幼児は20人に1人が発症しており、世界でも多くの報告が有症率の増加を示している深刻な社会課題となっている。また、食物アレルギー対応商品は都市部を中心にスーパー等の小売店で一部商品は販売されているものの、購入できる商品は限られている。

 そのため、いつでもどこでも自由に食物アレルギー対応商品を購入できるECでの販売を開始した。

 今後は「みんなの食卓」(「みんなの食卓」シリーズは、特定原材料7品目(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)を使用していない、食物アレルギー対応の専用工場で製造している)ブランドに加えて、「Table for All」ブランドの商品や、他社商品の販売も検討し、さらに食物アレルギーの人やその家族に寄り添うプラットフォームを目指す考え。

 販売商品は、多様な食シーンをカバーする30種類以上の食物アレルギー対応商品のラインアップした。パン・パスタなどの主食から、ウインナー・ハンバーグなどの主菜・副菜、ブラウニー・パンケーキなどのおやつまで「みんなの食卓」シリーズを中心とした食物アレルギー対応商品を購入できる。なお、これまで同社ECサイト「ニッポンハム お届けネット」で販売してきた食物アレルギー対応商品を「Table for All 食物アレルギーケア」サイトで販売する。

 検索機能では、除去したいアレルゲン(特定原材料7品目、特定原材料に準ずるもの21品目)や、料理区分(主食、主菜、副菜、おやつ)などで商品を検索できる。

 定期購入機能では、人気のセット商品を中心に通常購入に比べて5%お得に購入できる。

 決済手段は、クレジットカード、代金引換え、Amazonpayが利用できる。

 「Table for All 食物アレルギーケア」では「みんなの食べたいによりそう。」のコンセプトのもと、食物アレルギーを持つ人やその家族の悩みや生活に寄り添うサービスを目指していく。

[発売日]4月1日(金)

日本ハム=https://www.nipponham.co.jp/


このページの先頭へ