食事・レストラン

かっぱ寿司、玄天とタッグを組んだ新鮮な天然魚「九州産鯖」を販売開始、本格ラーメンシリーズの第18弾は「広島式汁なし担担麺」を展開

2022.03.23 22:51 更新

 コロワイドグループのかっぱ寿司(カッパ・クリエイト)は、3月23日から、天然魚加工トップクラスの水産加工会社「玄天」の天然魚「九州産鯖」「九州産炙り鯖」、および「本格ラーメンシリーズ」第18弾となる「汁なし担担麺専門キング軒」監修「広島式汁なし担担麺」を、かっぱ寿司全店で販売する。3月22日に行われた先行試食会では、玄天とのタッグで実現した天然魚「九州産鯖」のこだわりや、痺れる辛さがクセになる「広島式汁なし担担麺」を美味しく食べるポイントを紹介した。

 かっぱ寿司は、“回転寿司屋から寿司屋品質へ”の改革を掲げ、サービスそして商品共に日々“うまい!かっぱ寿司”を目指し進化を続けている。中でも品質の進化の一環として、自然由来のミネラルが豊富でうま味成分も強い「国産天然魚」の提供機会を増やしており、その調達に尽力してきた。しかし、天然魚を使った商品を全店に常に同じ品質で提供するためには、数多くのハードルが存在していたという。そうした中で今回、天然魚加工トップクラスの玄天とタッグを組むことで、今まで以上に美味しい天然魚「九州産鯖」の提供が実現した。

 玄天の田中彰社長は、VTRメッセージで、「当社は、日本有数の好漁場である九州・福岡に本社を置く水産加工会社で、九州各地の魚が集まる福岡市中央卸売市場から天然魚を仕入れ、主に寿司ネタの加工をしている。鮮度を保つため、機械を使わず手作業での加工にこだわっており、多いときには1日に1人当たり200~300kgの魚をさばくこともある」と、天然魚加工のプロフェッショナル集団なのだと紹介する。「また、最新の冷凍設備『3D Freezer』を導入しており、加工した魚を瞬時に冷凍し、新鮮な状態のまま全国に届けている。これにより、加工した魚から出るドリップを最小限に抑えることができ、業界内でも高く評価されている」と、瞬間冷凍により九州の天然魚を新鮮なまま全国各地の顧客に提供していると胸を張る。「今回のかっぱ寿司とのタッグでは、九州を代表する魚として『鯖』を選んだ。特に、この時期の九州産鯖は、脂がのっていて非常に美味しいので、自信を持って勧めることができる。ぜひ、かっぱ寿司に訪れて、九州産の天然魚の美味しさを味わってほしい」と、かっぱ寿司とのタッグを通じて、国産天然魚の良さが多くの人に伝わることに期待を寄せていた。

 今回発売する商品「九州産鯖」「九州産炙り鯖」について、カッパ・クリエイト 商品企画部の大友英昭部長が説明した。

 「玄天からのバトンを受け継ぎ、かっぱ寿司の店内では、素材の味を最大限に引き出せるよう、すべて手作業で仕込みを行っている。具体的には、皮引き、酢洗い、飾り包丁、切り付けの4つの仕込みを丁寧に施すことで、新鮮な素材をよい状態のまま、美味しい寿司ネタにして提供する」とのこと。

 「商品は、『九州産鯖』と『九州産炙り鯖』の2種類を用意した。『九州産鯖』は、天然魚ならではの自然の味をそのまま楽しんでもらえるよう、シンプルな握りで提供する。『九州産炙り鯖』は、皮目の部分だけをサッと炙り、皮目と身の間から脂が出るように仕上げている」と、新鮮な天然魚の味わいを存分に堪能できる商品に仕上がったと目を細めていた。

 また、かっぱ寿司は、「九州産鯖」「九州産炙り鯖」と同時に、「本格ラーメンシリーズ」の第18弾として、「汁なし担担麺専門キング軒」監修「広島式汁なし担担麺」を販売開始する。かっぱ寿司では、2018年6月から“有名店の味を身近なかっぱ寿司で”をコンセプトに「本格ラーメンシリーズ」を展開し、これまでに北海道から福岡県まで名だたる有名ラーメン店13軒が監修した商品を販売してきた。今回は、本格ラーメンシリーズ初の中国地方、広島で熱烈なファンが多数いる「汁なし担担麺専門キング軒」が監修した「広島式汁なし担担麺」を提供する。

 広島で約20年ほど前からブームが起き、現在はご当地麺として定着している「汁なし担担麺」は、辣油に加え花椒(フォアジャオ)のピリッとした辛さが特徴となっている。麺に肉みそや青ネギ、温泉卵などをトッピングし、しっかりとかき混ぜて一口すすれば痺れる辛さにヤミツキになるとのこと。今回監修を務めた「汁なし担担麺専門キング軒」は、調味料からスパイスに至るまで、吟味した食材を用い丁寧に時間をかけ、すべてこだわりの製法で作り上げた「広島式汁なし担担麺」を提供している。最大の特徴ともいえる花椒は、キング軒独自のブレンドで、その日に使用する分量をその日の朝に挽き、調合を実施。広島以外にも東京・大阪・福岡に店舗を構えこだわり抜いた「広島式汁なし担担麺」の味を広めているという。

 かっぱ寿司で提供する「汁なし担担麺専門キング軒」監修「広島式汁なし担担麺」のこだわりポイントについて、大友部長は、「数種のスパイスと華やかな花椒の香りをきかせた醤油ダレに練りごまを加え、コク深い味わいに仕上げた。トッピングには、山椒の実を加えた特製豚そぼろとたっぷりの青ネギを加えている。そして、味の決め手となる『花椒スパイス』は別添で用意し、しっかり20回ほど麺とタレを混ぜると、唯一無二のシビレが際立つ『広島式汁なし担担麺』が完成する」とのこと。「少し食べ進めてから、半熟卵を入れると、卵のまろやかさでマイルドな味わいに変化する。また、本格ラーメンシリーズの定番となっている『追いシャリ』については、今回は今までと一味違う『花椒付き 追いシャリ』を用意している。残ったタレと半熟卵に『花椒付き追いシャリ』を絡めると、新感覚のTKG(卵かけご飯)を楽しむことができる。さらに、『花椒付き 追いねぎ』も用意しており、最高に痺れる『広島式汁なし担担麺』に挑戦することもできる」と、最後の〆まで痺れる辛さを楽しんでほしいと話していた。

[小売価格]
九州産鯖 二貫:330円
九州産炙り鯖 二貫:330円
「汁なし担担麺専門キング軒」監修「広島式汁なし担担麺」:495円
花椒付き 追いシャリ:165円
花椒付き 追いねぎ:165円
(すべて税込)
[発売日]3月23日(水)

かっぱ寿司=https://www.kappasushi.jp/


このページの先頭へ