食事・レストラン

モスバーガー、"すき焼き"をアレンジした「とびきり とろったま スキヤキ仕立て」を期間限定で発売

2021.11.04 19:06 更新

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは、11月11日~来年1月下旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)において、「とびきり とろったま スキヤキ仕立て」を期間限定で発売する。また、11月11日から、「スマートパイ<チョコ>」を定番商品として発売。11月11日~来年3月下旬まで、「塩キャラメルラテ<クリスマス島の塩使用>」と「トマトチキンチャウダー」、「ゆず ジンジャーエール <高知県産ゆず果汁 0.1%使用>」を期間限定で発売する。11月2日に行われた新商品説明会では、新商品の特徴やキャンペーン概要などについて詳しく説明した。

 「今年冬のキャンペーンテーマは、“満足感”。とびきりシリーズを通じてプレミアムな体験を提供していく」と、モスフードサービス 上席執行役員の安藤芳徳マーケティング本部長が挨拶。「冬のキャンペーンでは、『とびきり』シリーズの認知拡大を図るべく、『とびきり とろったま スキヤキ仕立て』をメイン商品として販売する。この商品はセット価格1000円を超える高額商品となる」と、これまでにはないリッチ感を全面に打ち出した新商品で、冬のキャンペーンを盛り上げていくと意気込む。「コロナ禍で行動制限の反動による“プチ贅沢”志向が顕在化。クリスマスや年末年始に向けて“ごちそう”を家族でも楽しめるコト消費、巣ごもり消費はより一層高まるものと判断し、好きな鍋No.1のすき焼きをイメージしたハンバーガーを販売する」と、「とびきり とろったま スキヤキ仕立て」を販売するに至った経緯を紹介する。「すき焼きは、年末年始のハレの日や家族団らんをイメージする料理であることから、『とびきり とろったま スキヤキ仕立て』では、すき焼きらしさを全面に打ち出した」と、プチ贅沢感が味わえるハンバーガーとのこと。「すき焼きといえば“卵”であることから、食欲をそそる黄身のとろっと感をキービジュアルでは表現した」と、とろっとした卵が美味しい商品なのだとアピールした。

 同 第一商品開発グループの堀谷直人チーフリーダーが、「とびきり とろったま スキヤキ仕立て」について詳しく紹介した。「『とびきり とろったま スキヤキ仕立て』のハンバーグは、通常パティの約1.8倍のボリュームとなっており、牛・豚合い挽き肉の国産肉を100%使用している」と、ボリューム満点のハンバーグとのこと。「スキヤキには、牛肉に玉ねぎ、長ねぎの具材をプラスして、“すき焼き”らしいボリュームと冬のご馳走感を演出している」と、本格スキヤキをハンバーグに乗せたのだと力説する。「また、“すき焼き”といえば卵。加工品の半熟風たまごを大胆にトッピングした。テイクアウトでも半熟風のまま、とろっと食感を味わえる」と、半熟風たまごがスキヤキの美味しさをさらに引き立てるのだと教えてくれた。

 「『とびきり とろったま スキヤキ仕立て』のスキヤキ牛肉には、赤身のしっかりした食感のウデ肉と、脂身の旨みとやわらかさのあるバラ肉の2種の部位をバランスよく使用した」と、牛肉にもこだわっているのだと強調する。「タレは、割下や長ねぎが香り立つ醤油と砂糖などで甘辛く仕上げた。隠し味には赤ワインを使用し、キレのある味わいにしている」と、タレもすき焼きが感じられるように工夫したとのこと。「甘辛い牛肉にとろっとした卵がからむバーガーになっている」と、“すき焼き”らしさを存分に味わえるバーガーなのだと訴えた。

 サイドメニューやドリンクについて、同 第二商品開発グループの堤由貴リーダーが説明した。「定番スープにも負けない新たなスープを届けるべく、期間限定で『トマトチキンチャウダー』を発売する」と、コーンスープやクラムチャウダーに次ぐ柱となるべき商品を展開すると意気込む。

 「『トマトチキンチャウダー』は、トマトの風味と濃縮乳、クリームなどのコク深いスープとなっている。また、玉ねぎやにんじんと鶏肉をソテーして旨みと香りを引き出す香味野菜とハーブの豊かな香りを表現した。さらに、お米を使用してとろみや自然なコクをプラス。ホールトマトとトマトペーストの2種類でトマトのさわやかな酸味や甘みが加わり、大分県産バジルペーストを加えてキレのある味わいに仕上げている」と、セットメニューのドリンクとしても選べる商品なのだと教えてくれた。

 「『スマートパイ<チョコ>』を新定番として発売する。この商品は、スマートパイの第2弾として登場。なめらかなチョコクリームを包んだ、濃厚で食べやすい甘さの商品となっている。パイ生地にはココアを練り込み、風味をアップしている。少し塩味を加え、飽きのこない味わいも特長といえる」と、「スマートパイ<チョコ>」の味わいについて解説する。「時間が経ってもサックリ食感なのでテイクアウトにもおすすめとなっている。『塩キャラメルラテ』との相性も抜群なので、ぜひ試してみてほしい」と、1本でも満足感のある濃厚なパイなのだと紹介した。

 「高知県産ゆず果汁を0.1%使用した『ゆず ジンジャーエール』を期間限定で発売する」と、地域の生産者を応援したいという思いのもと、地域食材を使用したドリンクとして展開するとのこと。「『ゆず ジンジャーエール』は、ゆずの香りや酸味とジンジャーエールの炭酸のさわやかさが相性抜群のドリンクとなっている。ゆずは、丸ごとすりおろし、果汁とダイス状の皮を加えることで、ゆずの風味を凝縮した。また、瀬戸内産のレモンの果汁とすりおろした皮でさわやかさをプラスしている。さらに、甘夏とはっさくのさのう(粒々)を少量入れることでゆずの香りを引き立たせた」と、バーガー類との相性も良く、お得なセットメニューのドリンクとしてもおすすめなのだと述べていた。

 「『塩キャラメルラテ<クリスマス島の塩使用>』は、赤道近くのキリバス共和国の島々の一つ、クリスマス島でサンゴ礁の塩田(プール)をつくり、天日干しで生産された塩を使用している」と、クリスマス島の塩について解説。「キャラメルソースは、強い塩味がなくやさしい味わいの“クリスマス島の塩”や北海道産バターと練乳を使用している。カフェラテはきめ細かなミルクフォームにエスプレッソを合わせた」と、冬の季節におすすめのあったかドリンクメニューなのだと話していた。

[小売価格]
とびきり とろったま スキヤキ仕立て:590円
トマトチキンチャウダー:320円
スマートパイ<チョコ>:210円
ゆず ジンジャーエール <高知県産ゆず果汁 0.1%使用>
 Sサイズ:230円
 Mサイズ:290円
 Lサイズ:360円
塩キャラメルラテ<クリスマス島の塩使用>:360円
(すべて税込)
[発売日]11月11日(木)

モスバーガー=https://www.mos.jp


このページの先頭へ