食事・レストラン

UCC上島珈琲、「UCCフードマッチングシステム」によるコーヒーと意外な料理の組み合わせを提案するUCC公式「コーヒー飯」レシピを公開

2021.10.06 19:47 更新

 UCC上島珈琲は、コーヒーと意外な料理のおいしい組み合わせを楽しむスタイル「コーヒー飯」を新たに提唱する。今回、UCCの特許技術「UCCフードマッチングシステム」から導き出されたコーヒーと料理の組み合わせをもとに考案した、UCC公式「コーヒー飯」レシピを9月30日に公開した。また公開に合わせてTwitterで「#コーヒー飯キャンペーン!」も展開する。

 UCC公式「コーヒー飯」とは、コーヒーに合う食べ物を分析できる「UCCフードマッチングシステム」を使用して考案された、コーヒーと一緒においしく味わえる料理の組み合わせとのこと。今回公開するwebサイト上では、UCCの家庭用レギュラーコーヒーと合う意外な料理(主菜)の組み合わせのほか、全体的な栄養バランスを保つために、管理栄養士 浅野まみこ氏監修のもと、副菜も添えたレシピを公開する。

 UCCはこれまで、コーヒーを日常生活に取り入れることで得られるライフスタイルの充実を訴求することを目的とした「コーヒーライフスタイル」の提案を行ってきた。「コーヒーは食後・休憩中に飲むもの」と思われがちだが、今回のUCC公式「コーヒー飯」レシピの公開を通して、「食中のコーヒー飲用」という新たなコーヒー体験を提案するという。

 UCCはコーヒーと食べ物の組み合わせについて長年研究を行っているとのこと。UCCが開発した「フードマッチングシステム」は、味を数値化することができる味覚センサーを活用して、コーヒーや様々な食べ物を解析し、コーヒーと食べ物の相性を科学的に分析診断する特許技術となっている。

 今回紹介するUCC公式「コーヒー飯」は、イタリアン、中華、和風の3品とのこと。ぜひ試してみてほしいという。なお、各レーダーチャートは、味を数値化することができる味覚センサーを活用して、コーヒーと食べ物を解析した結果だとか。今回紹介するレシピは、この分析結果をもとに開発したものだという。

 「イタリアンのコーヒー飯」(コーヒー:UCC珈琲生活プラス ワンドリップコーヒー×主菜:カポナータ、副菜:レバーペースト)は、苦味ひかえめでまろやかな味わいが特徴のコーヒーと煮込まれたトマトのほのかな酸味が絶妙なバランスのコーヒー飯となっている。お互いの様々な風味が同調しあい、味わいに広がりが生まれる組み合わせとなっている。

 管理栄養士 浅野まみこ氏は、「食後の血糖値上昇を緩やかにする機能があることが報告されているコーヒー由来クロロゲン酸類を含む『UCC珈琲生活プラス ワンドリップコーヒー』(機能性表示食品)に、さらに血糖値の上昇を抑える食物繊維が豊富なカポナータを合わせた。副菜は、不足しがちなミネラルである鉄や亜鉛が豊富なレバーを使ったレバーペーストでタンパク質、合わせるバケットで炭水化物を取り入れ、全体のPFCバランス(栄養バランス)を整えている。UCC珈琲生活プラスと野菜の食物繊維、2つの食後の血糖値上昇へのアプローチを合わせることで、糖質が気になる人にも安心となっている」とコメントしている。

 「UCC珈琲生活プラス ワンドリップコーヒー」は、レギュラーコーヒー100%の「無添加」機能性表示食品とのこと。コーヒー由来クロロゲン酸類によって、食後の血糖値上昇を緩やかにするという。華やかな香りとすっきりとした味わいで、食事にもよく合うブレンドだとか。おいしい愉しみ方の手順に沿ってコーヒーをいれ、食事と共に、1日1袋(12g)を目安に飲用してほしいという。

 「中華のコーヒー飯」(コーヒー:UCCゴールドスペシャル スペシャルブレンド×主菜:麻婆豆腐、副菜:青梗菜のねぎソース)は、甘い香りと風味豊かなコクが特徴のコーヒーとピリッとした刺激で食欲そそる複数の調味料で味の整った麻婆豆腐が絶妙にマッチするコーヒー飯。お互いの様々な風味が同調しあい、味わいに広がりが生まれる組み合わせとなっている。

 管理栄養士 浅野まみこ氏は、「良質なタンパク質である豆腐、疲労回復に必要なビタミンB1が豊富な豚肉、B1の吸収を高めるアリシンが豊富な長ねぎを使う麻婆豆腐は、代謝を高め、ピリッとした刺激で食欲をそそる。副菜は、麻婆豆腐の柔らかな食感とは対照的にしっかりとかみごたえがあり、不足しがちな緑黄色野菜、青梗菜を合わせた。麻婆豆腐の辛味を和らげる甘酸っぱいタレに仕上げている。2つのレシピは、共通の食材(長ねぎ、生姜、にんにく)を使い、切り方を揃えることで、同時に下準備ができる時短メニューになっている」とコメントしている。

 「UCCゴールドスペシャル スペシャルブレンド」は、甘い香りと風味豊かなコクが特長とのこと。世界中から厳選したコーヒー豆の特性を見極め、産地や銘柄ごとにひとつひとつ条件を変えて焙煎した。豆の個性を最大限に引き出してから匠の技でブレンドしている(単品焙煎)。

 「和風のコーヒー飯」(コーヒー:UCC 職人の珈琲 あまい香りのモカブレンド×主菜:豚ロース生姜焼き、副菜:半熟卵のポテトサラダ)は、あまい香りとコクが特徴的なコーヒーと甘辛く濃厚な玉ねぎソースの風味がマッチするコーヒー飯。お互いの様々な風味が同調しあい、味わいに広がりが生まれる組み合わせとなっている。

 管理栄養士 浅野まみこ氏は、「食欲をそそる玉ねぎソースがたっぷりの生姜焼きに、王道の相性であるポテトサラダを合わせた。ロース生姜焼きの甘辛い味わいに、厚切りベーコンと半熟卵のボリュームをヨーグルトとレモンでさっぱりと食べられるポテトサラダを組み合わせている。豚肉やベーコン、卵のタンパク質、キャベツやじゃがいも食物繊維、じゃがいもの糖質を合わせて、ご飯のおかずとしても、おつまみとしても栄養バランスが整うメニューとなっている」とコメントしている。

 「UCC 職人の珈琲 あまい香りのモカブレンド」は、熟練の珈琲職人たちのこだわりを、家庭でも楽しめるコーヒーとのこと。モカのあまい香りと、やわらかな口当たりが特長のブレンドとなっている。

 「#コーヒー飯キャンペーン!」は、コーヒーと一緒においしく味わえる料理の組み合わせを、撮影した画像と合わせてTwitterに投稿した人の中から抽選で30名に、今回紹介したUCC公式「コーヒー飯」が楽しめるコーヒー製品3点の詰め合わせをプレゼントするという。あなたが思う“コーヒー飯”を紹介してみては。応募期間は、9月30日から10月13日まで。応募方法は、UCC上島珈琲公式Twitterアカウント(@UCC_COFFEE)をフォローし、自分が思う“コーヒー飯”(コーヒーと料理のおすすめの組み合わせ)を撮影。指定のハッシュタグ「#コーヒー飯」と、写真およびコメントをつけて、Twitterに投稿してほしいとのこと。当選者の人にはUCC上島珈琲公式TwitterアカウントからTwitterのダイレクトメッセージで当選通知と賞品発送先情報登録フォームのURLを送信する。賞品の発送先は日本国内に限定するとしている。

UCC上島珈琲=https://www.ucc.co.jp
UCC「コーヒー飯」Webサイト=https://www.ucc.co.jp/coffee-meshi


このページの先頭へ