食事・レストラン

エバラ食品と日産自、コラボレーションしオリジナルカレールー「NISSAN ROUX(ニッサン ルー)」を製作

2021.10.13 17:38 更新

 エバラ食品工業は、日産自動車とコラボレーションし、オリジナルカレールー「NISSAN ROUX(ニッサン ルー)」を製作した。カレールーは10月13日からスタートするプロジェクト「走ってつくろう、家族のカレー DRIVE RECIPE MADE BY NISSAN ROOX」で限定配布される。

 日産自動車が提案する「走ってつくろう、家族のカレー DRIVE RECIPE MADE BY NISSAN ROOX」プロジェクトは、同社が「先進技術で、家族はもっと楽しめる」をキャッチフレーズに展開している軽自動車「ROOX(ルークス)」に乗って地元の食材を学びながら、ご当地食材を使ったカレー作りを提案するものとなっている。同社は、遠出が難しいコロナ禍でも家族で楽しめる「新たなおでかけ」を提案するという企画内容に賛同し、オリジナル カレールー「NISSAN ROUX(ニッサン ルー)」の製作に協力した。ご当地食材を使ったカレー作りを訴求することで、地元の魅力発見と家族の絆づくり、そして地産地消を通じた地域活性化にも貢献していくという。

 英語でソースを意味するROUX(ルー)の綴りが、日産の軽自動車 ROOX(ルークス)と1文字違いであることから、カレーを作るおでかけを提案したいと、同じ横浜に本社を構える日産自動車から同社に声がけがあったとのこと。「NISSAN ROUX」は、同社のロングセラーブランド「横濱舶来亭カレーフレーク」をオリジナルパッケージでラッピングした特別仕様のカレールーとなっている。

 「横濱舶来亭カレーフレーク」は、「古きよき洋食店の味」をコンセプトに、厳選した原料を使用し、20年にもわたる知見に基づく徹底した温度管理のもと、手間ひまをかけ、直火で焙煎して作りあげた。小麦粉と良質なラードを高温に熱した直火釜で丹念に焼きあげ、果実や香味野菜、スパイスをブレンドしている。フレークタイプで溶けやすいことも、こだわりのポイントになっている。

エバラ食品工業=https://www.ebarafoods.com/
日産自動車=http://www.nissan.co.jp/


このページの先頭へ