食事・レストラン

Mobility Technologies、タクシーデリバリー専用アプリ「GO Dine」でおせちデリバリーサービス開始

2021.10.15 12:26 更新

 Mobility Technologiesは、タクシーデリバリー専用アプリ「GO Dine(ゴーダイン)」で、銘店のおせち料理をタクシー乗務員が年末年始に届けるおせちデリバリーサービスをスタートする。おせちデリバリーサービスは、10月14日から都内一部エリア(東京都千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区)を対象に予約受付を開始した。

 「GO Dine」は、タクシーアプリ「GO」の運営で培った技術や知見を活かして開発した、日本初のタクシーデリバリーに特化したアプリとのこと。アプリから注文するとプロドライバーであるタクシー乗務員が玄関まで丁寧に届ける。5月にスタートして以来、好評を得て取扱店舗を拡大しており、現在では星付き有名店をはじめとする銘店70軒以上のメニューを揃える。

 フードデリバリーサービス導入によるオペレーションの煩雑さを解消しタクシー事業者・飲食店の負担を軽減するとともに、利用者の新たな需要を喚起して、コロナ禍で打撃を受ける両業界への送客をはかっていく考え。

 今回、「GO Dine」では新たな試みとして、来年のおせちデリバリーサービスを開始する。おせちの予約注文から決済までアプリ内で完結でき、簡単なアプリ操作だけで年末年始におせちが自宅に届く。これまで配達を行っていなかった銘店のおせちも、接客クオリティの高い選ばれたタクシー乗務員が大切に届ける「GO Dine」だからこそ配送が可能となり、多忙な年の瀬に店頭受け取りに足を運ぶことなく、自宅でゆったりとした時間を過ごすことが出来る。

 「分とく山」「日本橋 玉ゐ」「赤坂浅田」「辻留」といった名だたる日本料理店や「ハイアット リージェンシー 東京」「ウェスティンホテル東京」などのホテルレストラン、「富麗華」など中華料理、アメリカで創業したプライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」など20店舗以上の銘店が揃い、多彩なラインアップから年頭の食卓を彩るおせち料理が選べる。

 「GO Dine」は、今後もさらにサービスの拡大をはかり、タクシーフードデリバリーの活性化を促進していく考え。

[受付開始日]10月14日(木)

Mobility Technologies=https://mo-t.com/


このページの先頭へ