食事・レストラン

ヤクルト、袋入り即席めん「麺許皆伝」シリーズから「麺許皆伝 富山ブラック」を数量・地域限定で発売

2021.09.24 14:29 更新

 ヤクルト本社は、袋入り即席めん「麺許皆伝」シリーズから、「麺許皆伝 富山ブラック」を10月4日に数量・地域限定で発売する。同シリーズは、昨年から限定アイテムを販売しており、今年はご当地感のある「富山ブラック」を発売する。

 商品特長は、ご当地感のある粉末青汁入りインスタントラーメン(袋めん)とのこと。富山県のご当地ラーメンである「富山ブラック」らしい奥深いしょうゆ味と刺激的な胡椒の風味を楽しめるスープとなっている。

 パッケージは、同シリーズの有する世界観は踏襲しつつ、「富山ブラック」のおいしさと限定感を強調したデザインとした。

 「麺許皆伝」シリーズのめんには国産の大麦若葉エキス末と米粉を練り込み、緑色でもちもちとした食感が特長の同社独自のフライめんを使用している。めんにガラクトオリゴ糖を加え、大麦若葉の独特の風味を和らげるとともに、つるっとした喉ごしが楽しめるめんに仕上げている。カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2が強化(日本食品標準成分表2020年版(八訂)の即席中華めん(油揚げ)に比べ、カルシウム:50%増、ビタミンB1、ビタミンB2:30%増)されている。

 販売地域は、北陸3県(富山県、石川県、福井県)、東海3県(岐阜県、愛知県、三重県)、近畿2府4県(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)となる。

[小売価格]110円(税別)
[発売日]10月4日(月)

ヤクルト本社=https://www.yakult.co.jp/


このページの先頭へ