食事・レストラン

モスバーガー、「フォカッチャサンド 馬蹄型ソーセージ&グランピングソース」と「まぜるシェイク アップルマンゴー<宮崎>/ぶどう<長野>」を発売

2021.09.15 20:01 更新

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは、9月22日~11月上旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)において、「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」を期間限定で発売する。また、同社では、北は北海道から南は九州、沖縄までを全国8エリアに分けて、地域食材を使用した「まぜるシェイク」を全国で販売するリレー企画を行っている。最後となる今回は、第4弾として、9月22日~11月上旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)において、宮崎県産の“アップルマンゴー”と、長野県産の“ぶどう”を使用した「まぜるシェイク」を発売する。9月15日に行われた新商品発表会では、キャンペーン概要について説明した他、開発担当者から「フォカッチャサンド 馬蹄型ソーセージ&グランピングソース」と「まぜるシェイク」についてそれぞれ特長などを紹介した。

 「今年度のキャンペーンテーマは、“日本らしい、新しいおいしさとおもてなしを。”を掲げ、日本の匠の技の具現化や、街に笑顔を届けているというプライドを持って取り組んでいる。秋のキャンペーンでは、“Nature”を具現化した商品などを展開する」と、モスフードサービス 上席執行役員の安藤芳徳マーケティング本部長が挨拶。「そして、イベント感を創出した商品として『フォカッチャサンド 馬蹄型ソーセージ&グランピングソース』を、30~40代男女に向けて展開する。さらに、カフェ需要やドリンク強化を目的に、地域食材を使用した『まぜるシェイク』を全国で販売するリレー企画を行ってきた。最後となる今回は、宮崎県産の“アップルマンゴー”と、長野県産の“ぶどう”を商品化したシェイクを販売する」と、新商品について言及。「また、テイクアウトの推進やファミリー層の拡大を目的に、キャンペーンキャラクターを起用。若年層のママ世代にも当社のメニューを訴求していく」と、家族で楽しんでもらえるイベントを用意していると語る。

 「テーマである“Nature”を表現するべく、日本の秋を五感で楽しんでもらうことにした」と、食べたら、気分はアウトドアのような、イベント感やワクワク感を創出したり、日本の秋をグランピングで体験しているような感覚のメニューを提供するとのこと。「『フォカッチャサンド 馬蹄型ソーセージ&グランピングソース』は、オリジナルのグランピングソースを使用し、味はもちろん、目にも鮮やか、手触り、香り、音まで感じる商品になっている」と、五感を刺激する商品なのだとアピールする。

 「フォカッチャは、人気が高い商品であったが、店舗では作りづらい、消費者は食べづらいといった不満の声が挙がっていた。しかし、今回はこれらの不満を見直すだけでなく、満足できる味わいに仕上げることができたため、秋のキャンペーンで装いも新たに復活販売する」と、人気のフォカッチャを通じて、家族で楽しむ“コト消費”や“おうち外食”を訴求していくと意気込んだ。「ご当地『まぜるシェイク』は、アップルマンゴーと巨峰という、フルーツのツートップで臨む」と、ご当地「まぜるシェイク」企画の最後を飾るにふさわしい食材で、消費者を満足させたいと訴えた。

 同 第一商品開発グループの上村優リーダーが、「フォカッチャサンド 馬蹄型ソーセージ&グランピングソース」について詳しく説明した。「“食べたら、気分はアウトドア”をテーマに五感で楽しむ商品となっている」と、「フォカッチャサンド 馬蹄型ソーセージ&グランピングソース」を一言で表現。「グランピングソースとは、ちょっと贅沢なBBQソースで、秋を感じるきのこやナスの食材の他、ヒッコリーの燻製の香りが楽しめる」と、グランピングソースの特長について語る。「馬蹄型ソーセージは、燻製された芳ばしさがアウトドア体験を想起させ、バリッと食感でボリューム感も堪能できる」と、食べた瞬間、大自然の中にいるような感覚が楽しめるソーセージなのだと強調する。「フォカッチャは、小麦の香りが特徴で、ふんわり食感となっている。また食べやすいようにひょうたん型に改良した」と、ソースや具材がこぼれてしまわないように工夫していると教えてくれた。

 「グランピングソースは、キャベツやナスなどの野菜をトマトケチャップやデミグラスソースでじっくり煮込みヒッコリーの木を燻したような香りを加えたモスオリジナルのBBQソースとなっている。さらに揚げコショウやチリペッパーを入れ、キレがあり、奥行きのある味に仕上げた。天然羊腸を使用したジューシーでパリッとした歯ごたえのある馬蹄型ソーセージは、香りも良く食欲をそそる。フォカッチャは小麦粉、塩などを使用したイタリアのパンで、ピッツァの原形ともいわれている。今回使用するフォカッチャは、粉の配合・形ともにモスオリジナルのもので、生地にデュラムセモリナ粉を混ぜることで、歯切れ良くふんわりとした食感を出した。さらに、ヨーグルトと塩麹を入れることで、しっとりとした焼き上がりに仕上げている」と、中味のポイントについて詳しく紹介してくれた。

 同 第二商品開発グループの弘法利榮子チーフリーダーは、「まぜるシェイク アップルマンゴー<宮崎>/ぶどう<長野>」について説明した。

 「『まぜるシェイク アップルマンゴー<宮崎>』は、宮崎県産のアップルマンゴーを使用。完熟して自然に落ちる果実をネットで収穫したものを使用している。そのため、香り高く、濃厚で、奥深い味わいに仕上がった」と、使用しているアップルマンゴーについて詳しく紹介する。「一つひとつ丁寧に手作業で湯剥きして加工されているので、なめらかな食感のピューレになっている」と、手間暇かけているとのこと。「マンゴーの濃厚な甘みや芳醇な香りを最大限に引き出したソースで、やさしい甘さのバニラシェイクと相性抜群となっている」と、誰もが満足できる味わいであるとアピールした。

 「『まぜるシェイク ぶどう<長野>』は、長野県産の巨峰を使用した。この巨峰は生食用で贈答用として求められる希少性の高いものとなっている」と、ぶどうの生産がNo.1の長野県産巨峰を使用したシェイクなのだと訴える。「一つひとつ手間暇かけて間引いたことで、日光をたくさん浴び、ジューシーな巨峰となっている」と、丁寧に生産された巨峰なのだと力説する。「皮ごと加熱して裏ごしし、水分を飛ばして濃縮することで、濃厚なソースに仕上げた」と、「モスシェイク バニラ」とよく絡むソースになっているとのこと。「アントシアニンの成分が変色しやすいため、レモン果汁を入れることで、発色・彩りのよいソースとなっている」と、見た目も色鮮やかなシェイクになっていると強調した。

 宮崎県産 アップルマンゴーの生産者であるJA西都 マンゴー部会の長友敏氏とさおり氏は、「今から30年以上前、JA西都の人が沖縄を訪れた際に出会い、宮崎県に持ち込んだのが始まりといわれている。数軒の農家からスタートし、試行錯誤を繰り返して『ネット収穫法』などの方法が確立された。元々は南国の果実なので温度と湿度の管理が難しく、ビニールハウスの中を藁敷きにして湿度の調節がしやすいようにしている。一番大変なのは台風の時期で、ビニールハウスに小さな穴が開いただけでも全滅してしまうことがあるため気を遣う。被害が出ないよう夜中寝ずに見回りをして、1回の台風で1年寿命が縮むのではないかと思うほど。収穫後すぐに次の生産に向けて剪定などの準備を行い、年中休む暇はないが、手をかけるほどマンゴーが応えてくれるので、丁寧に育てている」と、消費者が応援してくれていると思い、栽培に励んでいるという。

 シェイクを試食すると、「いつも食べているマンゴーの香りと味わいがしっかりしておいしい」と大絶賛。「シェイクを通じて全国の人に宮崎県のマンゴーを知ってもらい、生のマンゴーもぜひ食べてもらいたい」と、ビデオメッセージを寄せてくれた。

 長野県産“巨峰”の生産者である関野農園 関野郁也氏は、「長野県は日照時間が長く、雨も少なく、高品質なぶどうが生産される条件がそろっている。 『ぶどうの王様』といわれる巨峰は、日本古来の石原早生とフランスのセンテニアルの交配種で、他の品種のぶどうに比べて味が濃く、酸味のバランスがとれた、甘みが強い大粒の黒ぶどうとなっている。以前は、種ありのものが主流だったが、関野農園では消費者の嗜好もあって、種なしの巨峰を育てている。糖度18~20度ととても甘い生食用の巨峰を栽培しており、ポイントは一本の木から採れる房の数をなるべく減らすこと。一つひとつ丁寧に、おいしくなる巨峰の房を選び抜いて育ててあげると、日光をたっぷりと浴びて色づきもよくなり、糖度も高くなる。長雨になると病気が発生し、葉が痛むなどの影響があるので、気を遣うようにしている」と、巨峰の特長について紹介してくれた。

 シェイクを試食すると、「巨峰の味がしっかり効いていて旨みも十分にある。非常にうまい」と、笑顔で話す。「モスのシェイクとして販売されてとても光栄。多くの人にたくさん、おいしく味わってもらいたい」と、ビデオメッセージを送ってくれた。

 この他、カフェ需要強化を目的に、「ひんやりドルチェ なめらかショコラ ハイカカオチョコレート使用」と、「おしるこ(粒あん)」を期間限定で発売することも発表した。

[小売価格]
フォカッチャサンド 馬蹄型ソーセージ&グランピングソース:420円
まぜるシェイク アップルマンゴー<宮崎>:Sサイズ 310円/Mサイズ 380円
まぜるシェイク ぶどう<長野>:Sサイズ 310円/Mサイズ 380円
(すべて税込)
[発売日]9月22日(水)

モスバーガー=https://www.mos.jp/


このページの先頭へ