食事・レストラン

ミツカン、高知県のゆず農家の人々と一緒に作り上げたぽん酢「まっことゆず」を発売

2021.08.04 18:54 更新

 ミツカングループのMizkan(以下、ミツカン)は、8月18日から「まっことゆず」を発売する。

 「まっことゆず」は、高知県のゆず農家の人々とミツカンが一緒に作り上げた、ゆずの自然な美味しさをそのまま楽しめるぽん酢とのこと。ゆず農家の自家製ぽん酢にならい、ミツカンの技術を結集し、食品添加物に頼らない味に仕上げた。高知県産ゆずを100%使用しており、ゆずの甘く華やかな香りと爽やかな酸味が特徴となっている。

 「まっことゆず」は、高知県のゆず農家の人々との40年以上の取り組みの中で、初めて商品開発から参画してもらった商品。味づくりに関しては、実際にゆず農家の人々が自宅で手作りしているぽん酢を参考に、甘さやだしを控えめにした。試作品を何度も評価してもらい、ゆずの配合量を調整した結果、同社ぽん酢シリーズの中で最大のゆず配合量となった。ゆずの自然な味わいが口に入れた瞬間から食べ終わるまでしっかりと感じられる品質となっている。最終的に同商品は、ゆず農家110名の人々に試食評価され、95%の人から「美味しい」と評価をされている(2021年4月高知県安芸市のゆず農家およびその家族の方、合計110名を対象としたアンケートを実施。5段階評価にて、「美味しい、まあ美味しい」と答えた人の割合)。

 ゆず農家の人々とデザインやネーミングについても一緒に検討した。ネーミング開発は最も難航し、候補は100を超えた。検討をしている際に、ゆず農家の人の「まっことゆずが効いちゅうぽん酢やな」という言葉からヒントを得て、「まっことゆず」に決定した。土佐弁で「本当にゆずがおいしいぽん酢」という意味だという。今後も、開発に協力した高知県安芸市の農家、JA高知県の人々と、「まっことゆずがおいしいメニュー」を開発し、ブランドサイトを中心に紹介していく考え。

[小売価格]650円(税別)
[発売日]8月18日(水)

ミツカン=http://www.mizkan.co.jp/


このページの先頭へ