食事・レストラン

ミニストップ、"コンビニで食べられるゴーゴーカレー"をテーマにゴーゴーカレー監修の商品全15品を発売

2021.07.19 22:00 更新

 ミニストップは、ゴーゴーカレーグループがチェーン展開する“ゴーゴーカレー”監修商品(全15品)を全国のミニストップ(6月末現在:1954店)で発売する。第1弾7品は7月20日に発売し、第2弾5品は8月3日から発売する。ただし、近畿四国エリアの「ゴーゴーカレーパン ファイヤー」「ゴーゴーカレーハムカツ」は7月21日発売。近畿四国エリアの「焼きチーズゴーゴーカレーパン」は、8月4日発売となる。7月19日に行われたオンライン発表会では、各担当者が商品の概要について発表した。

 「昨年8月にはじめて監修企画を実施したところ、コロナ禍でゴーゴーカレーに行きたくても行けない消費者から支持され、各分類(米飯類、麺類、パン類、惣菜類、スナック菓子類)で目標数を超える販売を記録した」と、ミニストップ マーケティング部の藤田氏が、昨年のゴーゴーカレー監修商品の販売状況などを紹介する。「今年は、ゴーゴーカレーの“クセになる味”を近くのミニストップで気軽に体験できるように、監修商品を15品に増やし、SNSでのキャンペーンも実施する予定だ」と、コロナ禍と暑い夏をカレーで元気に乗り切ってもらいたいという願いを込めて商品を展開するのだという。「今回発売する15品すべてをゴーゴーカレーの宮森宏和社長が実食し、味を確認している。手直し等を含めると、約30品を試食してもらった」と、宮森社長がしっかり品定めをし、お墨付きを得られた商品のみを販売すると力説する。「今回発売する15品に対しては、宮森社長からすべて“美味しい”との評価が得られた」と、宮森社長も納得の15品であるとアピールした。

 「ゴーゴーロースカツカレー」は、ゴーゴーカレーの定番であり一番人気メニュー。金沢カレーの特長である独特な黒くビターで香ばしいルーを、ゴーゴーカレーのルーも使用して再現した。昨年に比べてルーの量を増量して、店舗のカレーの見た目に近づけたとのこと。ロースカツを丸々1枚トッピングしたボリューム満点の商品となっている。

 「ずっしり!ゴーゴーチキンカツ弁当」は、ボリューム系弁当の人気メニュー「ずっしり極!」シリーズから、ゴーゴーカレー監修商品が登場する。カレーピラフの味付け、チキンカツのソースにはそれぞれ、ゴーゴーカレーのルーを使用した。ピラフは炒めることで香ばしく、チキンカツはジューシーで食べ応えもバツグンとなっている。

 「ゴーゴーカレー焼そば(唐揚付)」は、夏に食べたくなる「焼そば」と「カレー」の最強タッグとなっている。パリッとした歯ごたえのウインナーと、ジューシーな唐揚げを2個添えた。中辛のカレーソースをトッピングし、焼そばにからめながら最後までゴーゴーカレーのおいしさを楽しむことができる。

 「ゴーゴーカレーチキン生パスタ」は、モチモチ食感のオリジナル生パスタに柔らかいチキンステーキをのせた。ゴーゴーカレー中辛ソースに生クリームやおろしにんにくを加えてパスタソースに仕立てた。仕上げに振りかけた大粒のスパイスが食欲をそそる商品となっている。

 「ゴーゴーロースカツ&エビカツサンド」は、ゴーゴーカレーのルーをふんだんに使用し、厚切りのロースカツとエビカツを組み合わせた。昨年に比べて1.2倍ルーを増やしてさらにおいしく、インパクトある味に仕上げた。

 「ゴーゴーカレーホットドッグ」は、ゴーゴーカレーのルーをふんだんに使用し、65gのとても食べ応えのあるあらびきスモークウインナーを使用している。また、ゴーゴーカレーのトッピングで人気のチーズを再現するため、とろけるチーズをのせた。

 「ゴーゴーカレーハムカツ」は、ハムカツに濃厚カレーのルーを閉じ込めた。ゴーゴーカレーの濃厚な旨味をしっかりと味わえるクセになるハムカツに仕上げている。ハムとカレーのバランスにこだわり、カレーのルーの味と量・ハムの厚みの組み合わせを変えながら、試作を繰り返した自信作となっている。

 「ゴーゴーカレーパン ファイヤー」は、「ゴーゴーカレーファイヤー」の味やパッケージ等を参考に商品を開発し、スパイシーかつ濃厚なカレーパンに仕上げた。ピリッとくる辛さが夏にぴったりとなっている。監修商品の中で唯一「ファイヤー(赤色)」が目を引くパッケージの商品となっている。

 「焼きチーズゴーゴーカレーパン」は、ゴーゴーカレー監修の濃厚なカレーと、パンと相性の良いチーズを一緒に包んだ、チーズ入りのカレーパンとのこと。パンの上にもチーズをトッピングした。カレーとチーズの濃厚な味わいが楽しめる。ゴーゴーカレーの宮森社長に「おいしい」と太鼓判を押された、おススメの商品となっている。

 「ゴーゴーカレーチキンカツ」は、チキンカツの上にゴーゴーカレーのルーをかけ、フライドガーリックをトッピングした。また、お店の味を再現するため、チキンカツの裏面にソースを塗り、味にアクセントをつけた。レンジで温めることでガーリックの風味が食欲を誘う、ボリューム満点のお惣菜となっている。

 「ゴーゴーカレースープ」は、ゴーゴーカレーのルーにコンソメ、炒め玉ねぎ等を合わせてスープに仕立てた。玉ねぎの甘みや旨味を出しつつ、ゴーゴーカレーの特徴であるスパイシーさもしっかり残せるよう味をととのえている。お店のメニューにあるキャベツ、ウインナー、ゆでたまごに加え、彩りでインゲンとニンジン、カレーと相性の良いじゃがいもをプラスした。暑い夏にぴったりのカレースープとなっている。

 「味むすび ゴーゴーカレーピラフ」は、カレーピラフご飯の上に特製カレーソースをのせたおにぎりとのこと。味付けして炊いたご飯とゴーゴーカレーソース、玉ねぎ、コーン、ビリヤニソース(ビリヤニとは、インドやその周辺国で食べられているスパイスと肉の炊き込みご飯。ビリヤニソースとは、ビリヤニを作るための、ご飯と一緒に炒めるソースのこと)、みりん等を炒め合わせカレーピラフにした。ゴーゴーカレーソースをメインに牛肉、玉ねぎ、砂糖、コンソメ、ケチャップ、ビリヤニソース、焼そばソース等を合わせ旨味とコク深い特製ソースを、昨年の約1.6倍に増量し、たっぷりトッピングしている。本体価格100円で本格的なカレーをしっかり楽しむことができる。

 また、「ゴーゴーカレー」タイアップ商品の発売に合わせ、クセになる味わいのゴーゴーカレーとのコラボ商品を3品発売する。

 「ゴーゴーカレーコーンスナック」は、オニオンをベースに、野菜とさまざまなスパイスで、ゴーゴーカレー独特の深みのあるコク、クセになる味わいを再現した。コーン生地はノンフライ製法で、抜群にくちどけのよい食感に仕上げており、生地の色はゴーゴーカレーの特長的な黒いカレーのルーを表現している。

 「ゴーゴーカレートルティーヤチップス」は、オニオンをベースに、さまざまなスパイス、ココナッツの風味等で、ゴーゴーカレー独特の深みのあるコク、クセになる味わいを再現した。コーンをまるごとすりつぶして薄く伸ばした生地を、オーブンで焼いてから油で揚げることでパリッとした独特の食感に仕上げており、生地の色はゴーゴーカレーの特長的な黒いカレーのルーを表現している。

 「ゴーゴーカレーポテトチップス」は、原料のじゃがいもは100%国産とのこと。オニオン等の野菜、さまざまなスパイス等で、ゴーゴーカレー独特の深みのあるコク、クセになる味わいを再現したポテトチップスとなっている。生地の色はゴーゴーカレーの特長的な黒いカレーのルーを表現している。

[小売価格]
ゴーゴーロースカツカレー:550円
ずっしり!ゴーゴーチキンカツ弁当:599円
ゴーゴーカレー焼そば(唐揚付):599円
ゴーゴーカレーチキン生パスタ:599円
ゴーゴーロースカツ&エビカツサンド:397円
ゴーゴーカレーホットドッグ:307円
ゴーゴーカレーハムカツ:149円
ゴーゴーカレーパン ファイヤー:159円
焼きチーズゴーゴーカレーパン:159円
ゴーゴーカレーチキンカツ:378円
ゴーゴーカレースープ:399円
味むすび ゴーゴーカレーピラフ:108円
ゴーゴーカレーコーンスナック:108円
ゴーゴーカレートルティーヤチップス:108円
ゴーゴーカレーポテトチップス:108円
(すべて税込)
[発売日]
ゴーゴーロースカツカレー:7月20日(火)
ずっしり!ゴーゴーチキンカツ弁当:8月3日(火)
ゴーゴーカレー焼そば(唐揚付):7月20日(火)
ゴーゴーカレーチキン生パスタ:8月3日(火)
ゴーゴーロースカツ&エビカツサンド:7月20日(火)
ゴーゴーカレーホットドッグ:8月3日(火)
ゴーゴーカレーハムカツ:7月20日(火)
ゴーゴーカレーパン ファイヤー:7月20日(火)
焼きチーズゴーゴーカレーパン:8月3日(火)
ゴーゴーカレーチキンカツ:7月20日(火)
ゴーゴーカレースープ:8月3日(火)
味むすび ゴーゴーカレーピラフ:7月20日(火)
ゴーゴーカレーコーンスナック:7月20日(火)
ゴーゴーカレートルティーヤチップス:7月20日(火)
ゴーゴーカレーポテトチップス:8月3日(火)
※近畿四国エリアの「ゴーゴーカレーパン ファイヤー」、「ゴーゴーカレーハムカツ」は7月21日(水)発売
※近畿四国エリアの「焼きチーズゴーゴーカレーパン」は8月4日(水)発売

ミニストップ=https://www.ministop.co.jp/


このページの先頭へ