食事・レストラン

パナソニック、コミュニティ「EATPICK」を"「おいしい」でつながる食のSNS"をコンセプトにリニューアルしアプリ版の提供を開始

2021.06.09 19:59 更新

 パナソニックは、食に関する新たな発見や楽しみを共創するコミュニティ「EATPICK」を、“「おいしい」でつながる食のSNS”をコンセプトにリニューアルし、アプリ版の提供を開始する。加えて、家電と食のサブスクリプション「foodable」や、インナービューティサービス「おいしく腸活」という2つの新サービスを本格導入。食のサービス事業展開を加速する。

 EATPICKは、昨年5月、食に関する新たな発見や楽しみを共創するコミュニティサービスとして誕生した。この1年で会員数は25万人を達成、述べ300万人以上が利用するサイトに育ち、消費者の支持を集めている。

 今回、開設1年を機にサービス内容を拡充。顔が見える会員同士のつながりというEATPICKの特長を生かして、WebコミュニティからSNSへとサービス形態を一新。UIの改善など使いやすさを追求したアプリ版サービスの提供を開始する。また、これまで試験的に導入していたキッチン家電と食材を組み合わせたサブスクリプションサービスを「foodable」として4コースで本格展開する。また、インナービューティの向上を目指す「おいしく腸活」では、自分の腸内環境を見える化した上で、コミュニティ、日々の食事を記録に残せる食のパーソナルカレンダー、献立ナビ、マルシェなど、各サービスに連動したEATPICKならではの腸活を提案する。

 パナソニックは、これからも、おいしさ、楽しさ、ワクワク感を届ける食サービスを通じて、一人ひとりのライフスタイルに寄り添った食のあり方を追求していく考え。

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ