食事・レストラン

ミールワークス、タイ料理「マンゴツリーカフェ」で「蛤と季節野菜のスペシャルプレート」と「蛤とあおさの汁そば」を期間限定販売

2021.05.04 12:41 更新

 とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングスの子会社、海外の本場の味を日本で展開するミールワークスは、タイ・バンコクに本店をもつ「マンゴツリー」の姉妹店で本格タイ料理を日常的に楽しめる「マンゴツリーカフェ」で、5月1日から「蛤と季節野菜のスペシャルプレート」、「蛤とあおさの汁そば」を販売した。

 「蛤と季節野菜のスペシャルプレート」の蛤とアスパラ、新ジャガイモが入った「レッドカレー」は、完熟した唐辛子ならではの甘みや辛みを感じられる奥深い味わい、「タイの汁そば」に蛤とあおさをトッピングした優しい味わい、2つのメニューで蛤を楽しめるスペシャルプレートとなっている。トムヤム味で程よい酸味が決め手のフライドチキン、サラダ、タピオカココナッツミルクもついた大満足の一皿だとか。

 「蛤とあおさの汁そば」は、米の香りや風味を感じられるもちもちでのど越しの良い自社製生米麺とチキン&ポークベースのさっぱりしたスープが人気の「タイの汁そば」に蛤とあおさをトッピング、タイの屋台気分で卓上の調味料を使ってお好みの味付けにアレンジするのも楽しいメニューとなっている。

 タイ・バンコクに1994 年に創業し、ロンドン、日本、ドバイ、香港と世界各国に展開するタイ料理レストラン「mango tree」。「マンゴツリー」は1994年、タイ・バンコクのスリウォン通りの裏手にある築100年以上の邸宅を改装して作られたタイ料理レストランで、ロンドンに続き2002年に世界3号店として東京店がオープンし、”Authentic Thai Cuisine”をテーマに、日本の厳選された食材とタイのハーブやスパイス、伝統的な調理法を融合した料理を、洗練された空間とサービスとともに届けている。姉妹店として、伝統的なタイ料理をお酒とともにカジュアルに楽しめる「マンゴツリービストロ」(博多)、タイ伝統の味をカジュアルに提供するカフェレストラン「マンゴツリーカフェ」(新宿・恵比寿・上野・東京ドームシティ ラクーア・豊洲・北千住・横浜・川崎・大宮・さいたま西大宮・大阪・EXPOCITY)、「マンゴツリーカフェ+バー」(高輪)、家庭でもタイの伝統料理を楽しめるテイクアウト専門店「マンゴツリーデリ」(伊勢丹新宿本店)、テイクアウトにイートインスペースをプラスした「マンゴツリーキッチン」(東京駅グランスタ・グランスタ丸の内・東横のれん街・錦糸町テルミナ・横浜ジョイナス・グランフロント大阪・大丸心斎橋店・エキエ広島)、フードコート「マンゴツリーキッチンららぽーと横浜」と、「mango tree」の世界は広がり続けている。

[小売価格]
蛤と季節野菜のスペシャルプレート:1750円
蛤とあおさの汁そば:1100円
(すべて税込)
[発売日]5月1日(土)

ミールワークス=https://www.mealworks.co.jp/


このページの先頭へ