食事・レストラン

ローソン、都内のナチュラルローソン13店舗でフィンランド生まれのデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」を導入

2021.04.28 18:16 更新

 ローソンは、Wolt Japanが運営するデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」の取り扱いを、東京都内のナチュラルローソン店舗13店舗で4月28日から開始する。今回、ナチュラルローソンで人気のおにぎりやサンドイッチ、デザートなどの食料品に加え、オーガニックのボディソープや香料・着色料無添加の洗剤などの生活用品もラインアップし、普段からナチュラルローソンを利用している消費者や、遠方の消費者にもさらに便利に利用できるようになった。これによって、ローソンのデリバリーサービスの取り扱いは、「Uber Eats」「foodpanda」と合わせて合計3社となり、導入店舗数は28都道府県の1569店舗となる。

 「Wolt」は、世界23ヵ国160都市以上で事業を展開しているフィンランド発祥のデリバリーサービスとのこと。「おもてなし」をコンセプトに、適性テストを通過した配達パートナーが質の高いサービスを提供している。日本では、昨年3月に広島県でのサービス開始を皮切りに、現在13都道府県18都市でサービスを展開している。フィンランドでは、食品のみならず雑貨や家具などさまざま商品のデリバリーサービスを展開しており、今後日本でも食料品・日用品をはじめとする小売店でのデリバリー拡大が予定されている。「Wolt」は女性にも多く利用されており、ナチュラルローソンとの親和性が高いことから今回の導入に至った。

 ローソンでは、2019年8月に日本のコンビニエンスストアでは初めて「Uber Eats」の導入を開始した。コロナ禍によるデリバリー需要の高まりを受け、昨年8月には1000店舗に拡大、同年11月には新たなデリバリーサービスとして「foodpanda」を導入した。また、今年2月からは「Uber Eats」では国内初となる医薬品の届けを開始した。

[ナチュラルローソンにおけるWoltのサービス概要]
開始日:4月28日(水)
サービス時間:9時~24時
取り扱い商品:約400品目
主な商品:弁当、おにぎり、麺類、フライドフーズ、デザート、ベーカリー、冷凍食品、おつまみ、飲料、酒類、カップ麺、日用品、雑誌など

ローソン=https://www.lawson.co.jp/


このページの先頭へ