食事・レストラン

ファンデリー、「旬をすぐに」にて「爽やか果肉と皮を丸ごと楽しむ 宮崎日向夏の麩んわりトースト」を発売

2021.03.14 16:02 更新

 ファンデリーは、宮崎県産「日向夏」を使用した宮崎県コラボメニューを3月11日から「旬をすぐに」で発売した。

 「旬をすぐに」は、国産食材100%、生産者の顔が見える旬な食材を使用した冷凍食品を製造・販売している。

 今回、宮崎県および宮崎県青果市場連合会とのコラボ第3弾メニューとして、宮崎県「日向夏」を丸ごと使用した「爽やか果肉と皮を丸ごと楽しむ 宮崎日向夏の麩んわりトースト」を3月11日に発売した。

 日向夏は、りんごのように薄く外皮をむき、ほんのりした甘みのある白皮と爽やかな酸味のある果肉を一緒に食べることが特徴とのこと。その特徴を生かし、薄くむいた外皮は茹でこぼしてから甘く漬け込み、白皮つきの大きな果肉は焼き色をつけ、白皮と果肉は甘く煮詰めジャムにした。お麩で作ったフレンチトーストと一緒に食べると、ほのかな苦味と爽やかな甘さを楽しめる。また、ローストした白皮つきの果肉は、甘みを増した果汁が口いっぱいに広がる。

 日向夏は、宮崎県が原産で生産量日本一を誇る特産物。果肉と果汁は酸味がありサッパリとした清々しい味で、外皮と果肉の間の白い内果皮(アルベト)はフワフワした食感でほんのりと甘味があるという。この白皮と果肉を一緒に食べることで、他の柑橘にはない、独特の風味を味わうことができる。外皮もマーマレードにするなど、丸ごと楽しめる果実となっている。

[小売価格]398円(税込)
[発売日]3月11日(木)

ファンデリー=https://www.fundely.co.jp/


このページの先頭へ