食事・レストラン

敷島製パン、「大豆ミートメンチカツのふわふわバーガー」を地域限定で発売

2021.03.12 17:08 更新

 敷島製パン(Pasco)は、「大豆ミートメンチカツのふわふわバーガー」を4月1日から、関東、中部、関西、中国、四国地区で発売する。

 「大豆ミートメンチカツのふわふわバーガー」は、大豆ミートが使用されたメンチカツとマヨネーズを、パンではさんで焼き上げた。まるでお肉のような食感の「大豆ミートメンチカツ」と、ふわふわ食感のパン生地の相性も良く、おいしく食べることができる。

 パッケージ裏面には「&Green」ロゴを表示し、環境負荷低減を目標とするPascoの取り組み姿勢を伝えているとのこと。

 商品には肉の代わりに大豆ミートが使用されており、また、パッケージのフィルムの一部には、植物由来の原料を使用している。

 「&Green」とは、植物性素材は近年、食資源不足、環境課題の解決に役立つ技術として大豆ミートなどの代替肉を中心に話題となっている。Pascoでは植物性素材の原材料や包材の一部に植物由来の原料を活用することで、環境負荷低減、食資源不足の課題に対応するだけでなく、おいしさを追求し、新たなパン市場創造に向けて取り組んでいる。「Green」は“自然”のイメージであり、植物性素材を積極的に活用。「&」は“商品&Green”、“食生活&Green”など多くのものに「Green」を付加した。「re」は“reaction=対応、反応”からPascoとして環境負荷へ対応していくという意味で「re」を緑色で強調している。

[発売日]4月1日(木)

敷島製パン=https://www.pasconet.co.jp/


このページの先頭へ