食事・レストラン

イオン、トップバリュ Vegetiveシリーズから「大豆からつくったミンチ」など限定49店舗で順次発売

2021.03.17 11:00 更新

 イオンは、3月17日に、トップバリュ Vegetiveシリーズの新商品「大豆からつくったミンチ」を含む3品目を、東京・千葉・神奈川・埼玉の「イオン」「イオンスタイル」「まいばすけっと」などの限定49店舗(3月16日時点の情報。限定店舗での取り扱いとなる)から順次展開を開始する。

 イオンは昨年から、「大豆を使ったハンバーグ」や「豆乳とココナッツオイルからつくったシュレッド」など、植物性の原材料に置きかえたトップバリュ Vegetiveシリーズ(Vegetive(ベジティブ)シリーズには、商品によって動物由来の原料が含まれている場合がある)を発売し、「ヘルシーさはもちろん、置きかえ商品なのにおいしくてお買得」と、健康面の配慮だけでなく、味や価格についても高い評価を得ているとのこと。

 今回発売する商品は、大豆をミンチ状に加工した、生のミンチタイプとなっている。適度な粘り気があり、いつものミンチ肉から置きかえるだけで、毎日の料理に幅広く利用することができる。

 また、オレイン酸含有量の高い(種子メーカーデータ、日本食品標準成分表2015年版(七訂)から)品種の大豆を発芽させた「発芽大豆」を大豆原料の一部(大豆中の発芽大豆含有率:ミンチ27.9%/ハンバーグ:23%)に使用しているとのこと。発芽大豆は一般的な大豆と比較して、うま味成分のアミノ酸や、その中でも元気の素といわれるアルギニンが豊富に含まれているのが特長(落合式ハイプレッシャー法 食品分析センター調べ)となっている。

 今後もイオンは、より良い地球環境やお客さまの健康を未来につなげていくため、さまざまな商品を企画・開発していく考え。

[小売価格]
ミンチ 100g当り:138円
ハンバーグ(各)100g×2個入:298円
(すべて税別)
[発売日]3月17日(水)

イオン=https://www.aeon.info/


このページの先頭へ