食事・レストラン

日本ハム、常温なのに作り立てのようなレトルトパウチ商品「あじわいレンジ 肉じゃが」他5品を発売

2021.03.09 18:07 更新

 日本ハムは、3月10日から「あじわいレンジ 肉じゃが」、「あじわいレンジ すき焼き」、「あじわいレンジ 牛バラ大根」、「あじわいレンジ ビーフシチュー」、「あじわいレンジ ハンバーグステーキ」、「あじわいレンジ バターチキンカレー」の計6品を発売する。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、自宅で食事をする機会が増加する一方で、買い物頻度は減少している。まとめ買いによるストック需要は今後も継続するとみられる。従来のレトルトパウチ商品に対する消費者からの声の中で、保存性や簡便性の面でメリットを感じている一方、味や食感の部分への不満があることがわかった。そこで味や食感に対する不満点を解決する新商品を発売する。

 あじわいレンジの特長は、フレッシュ加熱製法によって、従来のレトルトパウチ商品に比べて作り立てのようなおいしさを実現した。容器のまま電子レンジで調理できるため、容器はそのまま皿として使える。手早く食事を済ませたい時のためにストックしてもらえる商品となっている。

 「あじわいレンジ 肉じゃが」は、北海道産じゃがいもと、にんじん、牛肉、たまねぎ入りとのこと。かつおと昆布でとった自家製だし醤油を使用している。

 「あじわいレンジ すき焼き」は、たまねぎ、焼き豆腐、牛肉、にんじん、こんにゃく入りとのこと。3種の醤油とかつおと昆布の割り下仕立てとなっている。

 「あじわいレンジ 牛バラ大根」は、牛肉とだしの味がしみた大根入りとのこと。かつおと昆布でとった自家製だし醤油を使用している。

 「あじわいレンジ ビーフシチュー」は、バターとフォンドボー仕立てのデミグラスソースとのこと。とろける肉と香味野菜の深みのある味わいを楽しめる。

 「あじわいレンジ ハンバーグステーキ」は、ひき肉と角切り肉を使用した、肉感のある鉄板焼ハンバーグとのこと。特製のデミグラスソースは、香味野菜とフォンドボーで仕上げた。

 「あじわいレンジ バターチキンカレー」は、北海道産生クリームとココナッツミルクのコクが特長とのkとお。鶏肉は、しっとり柔らかく仕上げた。

[小売価格]各507円(税込)
[発売日]3月10日(水)

日本ハム=https://www.nipponham.co.jp/


このページの先頭へ