食事・レストラン

味の素、トルコの伝統製法で作られたビネガー「KEMAL KUKRER」2品種を首都圏1都7県と通販サイトで発売

2021.01.08 17:09 更新

 味の素は、味の素グループのトルコ現地法人、イスタンブール味の素食品社が製造・販売しているビネガー「KEMAL KUKRER」(ケマル・キュクレル)2品種を、3月12日から首都圏1都7県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、山梨県)の一般チャネルおよび通販サイトで発売する。

 日本国内における西洋料理の外食市場は、2014年~2019年まで毎年前年比100%以上で推移しており、世界の様々な地域の食に対する関心が高まっていることがうかがえる(出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧2020」)。一方、同社グループは、グローバルに展開している調味料事業で培った知見を活かし、現地のライフスタイルや食生活に合わせて開発した製品を世界各国で展開している。

 そこで同社では、世界各国の当社グループの現地法人が開発し、現地で製造・販売され好評を得ている高品質な製品を輸入し、日本国内で販売する、グローバルに事業展開する同社ならではの新しいスキームを開始する。

 その第一弾として、厳選されたトルコ国内産の原料を使用し、伝統製法で作られた高品質ビネガー「KEMAL KUKRER」(ケマル・キュクレル)を発売する。

 「KEMAL KUKRER」(ケマル・キュクレル)は、トルコで100年以上続く伝統的な酢酸発酵プロセスによって作られたビネガーとのこと。黒海・エーゲ海・地中海等に囲まれたトルコは、豊かな土壌に恵まれた果実の一大生産地であり、そこで収穫された果実を使ったビネガーは世界各国で高い評価を得ている。酸味と調和した芳醇な香りと甘みを持つ「KEMAL KUKRER」は、ドレッシングやピクルス・マリネ等の料理を一段上質な味わいに仕上げるという。

 またトルコには、ヨーロッパ・アジアにまたがる唯一の国ならではのユニークな食文化があり、オリーブオイルやビネガーを多用した地中海エリアの食事は、日本人にとっても非常に魅力的となっている。「KEMAL KUKRER」発売に合わせてブランドサイトを開設し、現地トルコ・地中海沿岸の食文化・料理を紹介していくとのこと。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月12日(金)

味の素=https://www.ajinomoto.co.jp/


このページの先頭へ