食事・レストラン

雪印メグミルク、「スライスチーズ」全品の包材印刷にバイオマスインキを使用

2020.11.30 11:32 更新

 雪印メグミルクは、現在発売中の「スライスチーズ」全9品をバイオマスインキ(植物由来の資源を原料の一部に使用した製造したインキ)で印刷した包装パッケージに4月から順次切り替えを開始し、12月中旬で全品の切り替えが完了する。

 従来の油性グラビアインクに比べて、CO2の発生量が約13%(インキメーカー算出による)削減される。パッケージ側面に、バイオマスマーク(「000000」には(一社)日本有機資源協会の認定番号が入る)を表示している。

 雪印メグミルクでは、従業員一人ひとりが環境に配慮した事業活動を心がけ、限りある資源を有効に活用し、持続可能な地球環境に貢献していく考え。

雪印メグミルク=https://www.meg-snow.com/


このページの先頭へ