食事・レストラン

日本コカ・コーラ、キッコーマン監修のそのまま飲める和だし飲料「GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし」を発売

2020.10.07 17:47 更新

 日本コカ・コーラは、忙しい隙間においしく小腹をゴクっと満たす「GO:GOOD」ブランドから、キッコーマンの監修によって日本人の心をほっとさせるうま味にとことんこだわった和だし飲料「GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし」を、10月12日に発売する。

 「GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし」は、忙しい合間でも気軽においしく味わえるリキッドフードブランドとして昨年に誕生した「GO:GOOD(ゴーグッド)」から初めて「だしの香りを引き立てつつ、飲料として飽きがくることなく飲み干せること」にこだわった和だし飲料となっている。世界でも注目のだしをベースに、キッコーマン飲料の監修によって開発された。厳選されたかつお・昆布・あごのエキスによって、だし本来の味わいと香りを引き立たせながらも、飲料として飽きがくることのないすっきりとした味わいで、ランチやお弁当のお供として手軽に楽しめる。また、そのまま料理にもおいしく使うことができる。

 あわせて、昨年自販機を中心に発売し好評を得た「GO:GOOD ゴクっ!とコーンポタージュ」、「GO:GOOD ゴクっ!と海老のビスク」、「GO:GOOD ゴクっ!とミネストローネ」は、9月28日以降、パッケージデザインを一新して発売する。引き続き「GO:GOOD」ブランドとして、消費者の小腹を気軽においしく満たせるよう、新しい提案を続けていく考え。

 「GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし」は、うま味が引き立つ直接飲むタイプの和だし飲料とのこと。キッコーマン監修による「おいしい」「素材のうま味が味わえる」「ゴクゴクと飲める」をコンセプトに、厳選されたかつお・昆布・あごのエキスをブレンドし、最後まで飽きないシンプルな味わいが楽しめるという。

 ターゲットは、40~60代で、健康(塩分量)が気になる人を想定し、飲用シーンは、美容への意識が高く、素材や自然な味わいを好む人としている。

 パッケージは、カンの形をした紙容器(カートカン)を採用し、だし本来の味と香りを損なわず繊細なおいしさを実現した。うまさと日本らしさ、手作り感のバランスを意識したデザインとカートカンとのこと。カートカンでリサイクル可能なエコにやさしい容器で、加温でも常温でも楽しめるという。

 ここ数年でスープ市場は伸長し、仕事合間の小腹を満たしたいという需要が高まる中、忙しい合間でも気軽においしい飲料を提案するのが「GO:GOOD(ゴーグッド)」ブランドとのこと。昨年に発売した「ゴクっ!とコーンポタージュ」「ゴクっ!と海老のビスク」「ゴクっ!とミネストローネ」は好評得たため、新しいパッケージデザインで今年9月・10月にかけてリニューアル発売する。

 「ゴクっ!とコーンポタージュ」は、シャキシャキ食感のとうもろこし粒がたっぷり入った“食べるコーンポタージュ”で小腹を満たしたい人におすすめだとか。「ゴクっ!と海老のビスク」は、なめらかな飲み心地の中に凝縮された濃厚な海老の味わいを感じられる食事のお供にぴったりとなっている。そして、デルモンテ監修の「ゴクっ!とミネストローネ」は、すっきりしながらも深みのある本格的なミネストローネの味わいに加え、1本でトマト2個分を使用しており、健康を意識する人でも気軽に楽しんでもらえる。

[小売価格]
GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし:148円
GO:GOOD ゴクっ!とコーンポタージュ:130円
GO:GOOD ゴクっ!と海老のビスク:130円
GO:GOOD ゴクっ!とミネストローネ:130円
(すべて税込)
[発売日]
GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし:10月12日(月)
GO:GOOD ゴクっ!とコーンポタージュ:9月28日(月)
GO:GOOD ゴクっ!と海老のビスク:9月28日(月)
GO:GOOD ゴクっ!とミネストローネ:10月12日(月)

日本コカ・コーラ=https://www.cocacola.co.jp/


このページの先頭へ