食事・レストラン

ローソン、タイ料理店監修の弁当「サイアムガーデン監修 ガパオライス」を中部地区で発売

2019.07.12 19:20 更新

 ローソンは、7月16日から中部地区(静岡県、愛知県、岐阜県、三重県(一部店舗を除く)、富山県、石川県、福井県(一部店舗を除く))のローソン店舗(約1600店:6月末現在、「ローソンストア100」を除く)で、名古屋市内で人気のタイ料理店に監修してもらった弁当「サイアムガーデン監修 ガパオライス」を発売する。

 今回発売する「サイアムガーデン監修 ガパオライス」は、名古屋市にある人気タイ料理店「サイアムガーデン」に監修してもらった弁当とのこと。同店で人気ナンバーワンの鶏肉とバジルなどを炒めた“ガパオ・ガイ”をイメージし、ごはんの上に乗せた。「サイアムガーデン」は、タイ国政府認定レストランの証で、その中でも最高評価を受けた店舗のみに贈られる「タイ・セレクト・プレミアム」に名古屋市内で唯一認定されている。同店監修の商品を発売するのは、ローソンが初めてとなる。人気店の味を身近なコンビニエンスストアで手軽に食べてもらいたいとの想いから発売に至ったという。ガパオは、鶏ひき肉・玉ねぎ・ピーマンなどにタイ産のバジルを加えて炒め、オイスターソースなどで仕上げた。

[小売価格]498円(税込)

[発売日]7月16日(火)

ローソン=https://www.lawson.co.jp/


このページの先頭へ