食事・レストラン

丸亀製麺、牛肉と冷たいうどんをラー油と温泉玉子入りのピリ辛つけだれで楽しむ「旨辛肉つけうどん」を販売

2019.07.11 10:12 更新

 トリドールジャパンが展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、全国のロードサイド店舗で7月16日から「旨辛肉つけうどん」を販売する。

 「旨辛肉つけうどん」(冷)は、夏に食べたい、冷たいうどんと牛肉をピリ辛つけだれにつけて食べる逸品だとか。割り下で焼いたやわらかい熱々の牛肉を、旨みと脂が溢れだした肉汁ごとうどんに盛り付けた。さらに白ねぎ、炒りごま・ごま油も合わせることによって、白ねぎの辛みと、ごまの風味が肉の旨みを引き立てる。つけだれは、ラー油でまずはピリ辛を楽しみ、その後に温泉玉子を割ると、まろやかでコクのある味わいに変化し、二度おいしく楽しめるとのこと。たっぷり乗せた刻み海苔も絡めて楽しんでほしいという。丸亀製麺自慢の牛肉を使用したうどんを食べて、今年も暑い夏を乗り切ってみては。

 同時販売する夏にさっぱり「鶏チャーシューねぎだれぶっかけ」は、しっとり柔らか鶏チャーシューに特製の香酢だれをかけた逸品とのこと。こだわりの鶏チャーシューは、驚くほどしっとり柔らかだとか。鶏むね肉の旨みが引き立ち、ほのかな甘味とジューシーさを楽しめる。特製香酢だれは、中国伝統の鎮江香醋(ちんこうこうず)をベースに、黒胡麻、XO醤、きざみねぎをプラスした。まろやかでさっぱりした味が、鶏チャーシューと冷たいうどんによく合うという。

[小売価格]
旨辛肉つけうどん」(冷)
 (並)690円
 (大)790円
 (得)890円
鶏チャーシューねぎだれぶっかけ(冷)
 (並)640円
 (大)740円
 (得)840円
(すべて税込)
[発売日]7月16日(火)

丸亀製麺=https://www.marugame-seimen.com/


このページの先頭へ